このページの本文へ

コーレル、64bitに対応した「Corel Painter 12」を発売

2011年06月30日 21時00分更新

文● 太田 渉/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コーレルは30日、東京・東銀座の時事通信ホールにおいて、ペイント系グラフィックスソフトの最新版「Corel Painter 12」のダウンロード版の提供を本日から開始すると発表した。パッケージ版は8月5日に発売する予定。

 ラインナップと価格は、通常版が6万2790円、特別優待版が5万2290円、アカデミック版が2万6040円、アップグレード版が3万1290円。ダウンロード購入の場合、通常版が6万2790円、アップグレード版が3万1290円。 なお、ダウンロード版は8月5日まで先行発売特別価格として通常版を5万6810円、アップグレード版が2万8310円で販売している。

通常版特別優待版アップグレード版

 まず最初に新機能として、64bit版Windowsに対応したほか、マルチコアのCPUに最適化したことが挙げられた。これにより、3倍~5倍の高速化が実現しているという。また、マルチコアの使用はブラシ設定から有無を設定することもできる。

メモリーの使用量が多いアプリケーションなので、64bit版OSへの対応は、多くのユーザーが求めていたというマルチコアに対応したことで、高解像度な画像ファイルもスムーズなブラシ操作が可能になった

 新機能としては、“リアル水彩ブラシ”“リアルウェット油彩ブラシ”を追加。これらは、実際の水彩画や油彩画とは異なり、乾燥させるタイミングを“ぼかし一時停止機能”を使用することで、自由に操作することができる。例えば、リアル水彩ブラシの場合は、色を塗り、そちらが乾燥する前に別の色を塗り重ねて色を混ぜるといった、実際のものに非常に近い操作ができる。

リアル水彩ブラシは水分量の調整や乾燥時の風力量の調整が可能。リアルウェット油彩だと、顔料量や定着率の調整ができるどちらのブラシも乾燥を一時停止する機能を備えている
拡大した位置がわかりやすい“ナビゲーションパネル”や拡大時にジャギーを目立たなくさせるアンチエイリアス処理にも対応した

 そのほかに、画面を上下左右で2分割や4分割して同時に描画できる“ミラーペインティング”、画面を放射線状に最大12分割して同時に描画する“万華鏡ペインティング”といった機能も追加されている。製品説明を行なったマーケティング部・吉岡 俊彦氏によると、これらの機能は、「64bit版OSやマルチコアCPUに対応したことで搭載できたと言える機能」とのこと。

壇上で行なわれたデモンストレーションでは、万華鏡ペインティングを使用して、見事な幾何学模様が簡単に作られていた
そのほかに、使用している色の変更やブラシサイズの変更などをショートカットボタンで呼び出せるようにブラシの選択パレットでは、“最近使ったブラシ”の項目が追加。いつも使うブラシが決まっている人にはありがたい機能だろう

イラストレーターの安倍吉俊氏も登壇

 記者発表会では、イラストレーターの安倍吉俊氏による製品デモも行なわれた。安倍氏は、鉛筆で線画まで描いたイラストを持ってきて、ブラシツールを使用した見事なイラストを仕上げていた。

線画は慣れ親しんだ鉛筆で行ない、彩色する時はペイントソフトを使用するのだという
最初は大雑把にブラシツールで塗っていき、陰影や瞳などの細かい部分は拡大表示を駆使していた
デモンストレーションは30分だったので、ここまでしか塗れなかったが、十分早い。まさしくプロの犯行だった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン