このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ ― 第59回

MapKitなら4行で作れるiPhone用地図アプリ

2011年06月03日 11時16分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
js-labo

 HTML/CSS+JavaScriptでiPhone/iPadアプリを開発できるNimbleKit。今回はNimbleKitを使って、簡単な地図アプリを作ってみましょう。

 iPhone/iPadには標準で「地図」というネイティブアプリが用意されています。

【図】fig01.png
標準アプリとして用意されている「地図」

 この地図アプリはGoogleマップの地図データを利用しており、Web版のGoogleマップとほぼ同じ機能です。しかし、iOSに用意されている地図表示用のフレーム―ワーク「MapKit」を使っているので、JavaScriptで地図をレンダリングしているWeb版に比べると格段に速く動作します。

 iPhone/iPadネイティブアプリでは、MapKitを使うとWeb版のGoogleマップよりも高速に地図を表示できます。MapKitはNimbleKitでも呼び出して利用できますので、さっそく使ってみましょう。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング