このページの本文へ

Red HatEnterprise Linux 6での動作検証済み

添付ファイルを自動暗号化「HDE Secure Mail 3.1 for ZIP」

2011年02月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月23日、HDEは、ゲートウェイでメールの添付ファイルを暗号化するソフトウェアの最新バージョン「HDE Secure Mail 3.1 for ZIP」を発表。2月28日より提供開始する。

トップページ暗号化パスワード方式選択画面パスワード通知メールカスタマイズ画面

 HDE Secure Mailシリーズは、ゲートウェイでメールのセキュリティを確保するソフトウェア群。HDE Secure Mail for ZIPは、メールの添付ファイルをパスワード付きZIPファイル形式に自動的に変換して宛先に送信する。今回の最新バージョンでは、レッドハットの最新OSであるRed Hat Enterprise Linux 6での動作検証を実施しているのが特徴。

 その他の主な新機能は以下の通り。

ランダムパスワードと固定パスワードの使い分けが可能
 メール一通ごとにランダムパスワードを作成。そのランダムパスワードを利用して暗号化処理をする
復号パスワードを受信者へ通知するかどうか選択可能
 復号のためのパスワードをメールで受信者へ通知するかどうか選択できる
暗号化ZIPファイルの拡張子が変更可能
 ZIPファイルの拡張子を「.zip」から「.zi_」などに変更でき、メール受信者にZIPファイルの受信制限がある場合にも対応可能
ZIP暗号化しないファイルの種類を指定可能
 ZIP暗号化したくないファイルがある場合に、該当ファイルの拡張子を登録することで、ZIP暗号化の対象から除外できる

 また、メール送受信環境としてMicrosoft Exchange Server 2010、Outlook 2010での動作検証もしているという。

 価格は、100ユーザーで105万円(税込)から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ