このページの本文へ

ASUSTeK「P8P67」

「P67」チップセット搭載のASUS製マザーが展示中!

2010年12月24日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 近日登場が噂されるインテルの新型CPU「Sandy Bridge」に対応するASUSTeK製のLGA 1155対応マザーボード「P8P67」がOVERCLOCK WORKSで展示されている。

「P8P67」
インテルの新型CPU「Sandy Bridge」に対応するASUSTeK製のLGA 1155対応マザーボード「P8P67」。「P67」チップセットを搭載する製品である

 一般のユーザーも見られる状態で展示されるASUSTeK製のLGA 1155対応マザーは今回が初めて。そして、この製品。実はサンプル版ではなく、正真正銘の販売モデルというから驚きである。
 展示中のOVERCLOCK WORKSのスタッフによると「実は先週、仕事で台湾に行きまして。その時、普通に売っていたので買ってきました(笑)」とのこと。確かにそれは製品版のはずである。

LGA 1155
LGA 1155ソケットの様子。といっても現行のLGA 1156とほとんど見た目は変わらない。またマニュアルは中国語表記となるが「P67」の文字が見える

 そんなASUSTeKの「P8P67」だが、いつものネーミングルールから想像すると、一番スタンダードなモデルと言えそう。詳細については発売時に紹介することになるので、ここでは省くことにする。ちなみに、日本円に換算すると価格は約1万7000円程度だったとのことだ。

I/O部
I/O部にはUSB3.0やBluetoothも装備。Serial ATAは新たにチップセットレベルでサポートされる6Gb/s転送のSATA3.0ポートを標準で備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中