このページの本文へ

ビデオ会議サービスが定額で利用可能

日立ソリューションズ、定額ビデオ会議システム開始

2010年12月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月6日、日立ソリューションズは、クラウド型のビデオ会議サービスを開始した。ビデオ会議多地点システムを日立の運用するクラウド上に用意し、導入する企業の利用者数に応じた定額サービスとして提供する。

クラウド型のビデオ会議サービス最大16個所の映像を表示可能

 これにより、利用者側ではインターネットを介して、社内や社外、顧客先、出張先といったロケーション、およびPCやTV会議システムの機種を意識することなく、高度なセキュリティ環境でのビデオ会議ができる。また、自社でビデオ会議システムや多地点接続装置を購入する必要がなく、装置の運用・保守も不要となる。製品としてはRADVISION Japanの「SCOPIO」を採用。ファイアウォール越えやAESによる高度な暗号化にも対応するという。

PCに表示している画面の資料を共有できる

 動作環境は対応OSがWindows 7/XP、ブラウザーはIE6.0 SP2(XPのみ)、IE7.0、IE8.0。ビデオ会議端末はポリコムの「HDX Series v2.5 以降」やライフサイズ「V4.1以降」、ソニーの「PCS-G70、PCS-XG80」などに対応。価格(税込)は同時利用端末1台あたり月額費用が4万2000円、初期費用は10万5000円。

 なお、日立ソフトウェアエンジニアリングと日立システムアンドサービスが2010年10月に合併し、現在の日立ソリューションズになっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ