このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スケルトンボディ+KCP 3.0で魅力的

iidaの「X-RAY」は実物を見ると結構スゴいぞ!

2010年10月19日 21時00分更新

文● 小林誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スケルトンボディを実現したiida「X-RAY」

 今回の発表会ではauのケータイと合わせてiidaの新機種も発表された。「X-RAY」はスケルトンボディを採用した、ケータイの内部のチップがすべて見えるこれまでに無いデザイン。単に透明で中身が見えるだけ、でもとてもおもしろい。

 たとえば背面上部にはバイブレーション用のモーターがあり、実際にバイブレーションの状態になるとクルクル回るのが見えるほか、意外に大きいFeliCaのアンテナなどを直に見ることができる。またバッテリー部分は磁性体シートで覆われているが、それがかえって格好悪いバッテリー部分を隠しているともいえる。

いかにも未来! という感じのスケルトンボディ。サブディスプレイが電光掲示板みたいで、これがまたよく似合うSnapdragonの文字は見えるが、これはダミーで実際のメイン基板はテンキー部の下。ちなみに耐久性は普通のケータイと同等とのことで、実際にヤワな感じはしない。ただ防水には未対応

 背面部には7×102ドットの横長サブディスプレイが用意されており、スケルトンボディと合わさり、いかにも「近未来」的なデザインに見える。個人的な感想ではロボットとか好きな人は絶対気にいると思う。

 デザイナーは「Media Skin」を手掛けた吉岡徳仁氏。透明なボディはポリカーボネートに強化ガラスを混ぜた新素材で、ケータイに初めて採用されたものという。本来ガラスを混ぜると白く濁るそうだが、この新素材では完全に透明となっている。「透明」を意識するなら無色でもいいと思ったが、3色のカラバリは奥深い感じを出すためにあえて深い色を採用しているという。また太陽光の下など光の当たり方によって、さらに透き通って見えるそうだ。

ボタン部分。ここだけは透明ではないが、しかしその周りはすべて透明。幅は49mmと少し細身で女性でも持ちやすいはず背面。バッテリー部分はシートで覆われているため少し黒っぽい

 スペック的にはKCP 3.0に対応するなどハイエンドクラス。デザインのために性能が犠牲になっている部分はないので、単純に見た目が気にいって購入しても不満は無いはずだ。

X-RAYに合わせて作られた「LIFESTYLE PRODUCTS」の透明なスタンドも展示されていた。ちなみに30台限定で9万3000円。ただしアクリルを職人が手仕事で磨き上げて作るのだというやはり「LIFESTYLE PRODUCTS」のクリーナーを兼ねたケース。X-RAYはスケルトンだけに指紋がベタベタと付くと目立ちそう。そんなときはこんなケースがあると便利そうだ。こちらはお手頃価格の1300円

人気のG9を継承した「G11」

 プロダクトデザイナー・岩崎一郎氏によるiidaの第1弾モデル「G9」の後継機種。デザインを引き継ぎつつスペックや操作性の向上を図っている。X-RAYと同じくKCP 3.0とWIN HIGH SPEEDに対応した。

 G9ではカーソルキー部分がスライドの上側にあったが、G11ではすべてのキーを下側のボディに搭載。その代わりクローズ時でもタッチセンサーで操作が可能。また着信応答/終話用のハードキーを1つだけ搭載。着信中にこのキーを押すと受話になり、その状態で再度押すと終話になる。


今回はモックアップのみ展示。触ることもできない段階だった。スライド幅は60mm。キーをすべて下側に搭載したことで指を動かす範囲が最小限になる。G9以上の操作性に期待したい

    X-RAY G11
メーカー 東芝 ソニー・エリクソン
ディスプレイ 3型液晶(FWVGA) 3.2型液晶(FWVGA)
サイズ(暫定値) 110×49×15.7 117×51×15.8
重量 約123g 未定
WIN HIGH SPEED
KCP 3.0
カメラ 約808万画素 約808万画素
防水 × ×
無線LAN ×
FeliCa
連続通話 約210分 未定
連続待受 約270時間 未定
発売時期 11月中旬以降 未定

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART