このページの本文へ

IDのライフサイクル管理からシングルサインオン、不正使用防止まで

ID管理製品「Oracle Identity Management 11g」投入

2010年10月15日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月14日、日本オラクルは、アプリケーション上でのセキュリティを強化する「Oracle Identity Management 11g」を発表した。

アプリケーション上でのセキュリティを強化する「Oracle Identity Management 11g」を発表

 Oracle Identity Management 11gは、統合ミドルウェア「Oracle Fusion Middleware 11g」のコンポーネントで、開発者にIDやパスワード管理、認証、認可、ワークフロー、監査の共有サービスを提供し、アプリケーション上のセキュリティ強化と運用を簡素化する製品。

 IDのライフサイクル管理を行なう「Oracle Identity Manager 11g」やエンタープライズ・Webアプリケーション向けシングルサインオンを実現する「Oracle Access Manager 11g」、不正アクセスを防止する「Oracle Adaptive Access Manager 11g」、不正な権限集約などの重大なコンプライアンス違反の発生を自動検出する「Oracle Identity Analytic 11g」などで構成される。価格は最小構成で380万4300円(税抜)から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ