このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第99回

1万円台で買える「GeForce GTS 450」はお買い得か?

2010年09月25日 23時45分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAは9月13日、DirectX 11対応のミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」を発表した。GeForce GTS 450は、7月12日に発表されたGeForce GTX 460の下位に位置するGPUであるが、最新のFermiアーキテクチャをベースに、CUDA Core数を削減した新コアのGF106を採用した製品であり、DirectX 10対応のGeForce GTS 250の後継として位置づけられる。NVIDIAのDirectX 11対応製品は、ハイエンドから順に下りてきており、ようやく実売1万円台前半のミドルレンジ製品が登場したことになる。

DirectX 11対応のミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」

コア数はGeForce GTX 460の約6割だが、クロックは向上

 まず、GeForce GTS 450のスペックを見てみよう。上位のGeForce GTX 460とAMDのミドルレンジGPU「Radeon HD 5750」、「Radeon HD 5770」とあわせてスペック表を作成したので、比べてみたい。なお、GeForce GTX 460は、ビデオメモリ1GB版と768MB版があり、メモリ周りの仕様(インターフェイス幅やROPユニット数)が異なるが、ここでは768MB版のスペックを掲載した。同様に「Radeon HD 5750」もビデオメモリ1GBと512MB版があるが、ここではGeForce GTS 450との条件を揃えるために1GBのスペックを掲載している。

各ビデオカードの比較表
GPU GeForce GTS 450 GeForce GTX 460(768MB) Radeon HD 5750(1GB) Radeon HD 5770
コードネーム GF106 GF104 RV840 RV840
プロセスルール 40nm 40nm 40nm 40nm
シェーダバージョン 5.0 5.0 5.0 5.0
DirectX対応 11 11 11 11
シェーダ/ストリーミングプロセッサ数 192基 336基 720基 800基
テクスチャ
ユニット数
32基 56基 36基 40基
ROPユニット数 16基 24基 16基 16基
コアクロック 783MHz 675MHz 700MHz 850MHz
シェーダクロック 1566MHz 1350MHz 700MHz 850MHz
メモリクロック 3608MHz相当 3600MHz相当 4.6GHz相当 4.8GHz相当
メモリ種別 GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリインターフェイス 128bit 192bit 128bit 128bit
メモリ容量 1GB 768MB 1GB 1GB
PCI Expressタイプ 2.0 2.0 2.0 2.0
PCIe電源タイプ 6ピン 6ピン+6ピン 6ピン 6ピン
消費電力 106W 150W 86W 108W
実売価格 1万4000円前後 2万1000円前後 1万4000円前後 1万8000円前後

 GeForce GTS 450のスペックを上位のGeForce GTX 460を比較すると、CUDA Coreの数が336基から192基へ、テクスチャユニットの数が56基から32基へ、ROPユニット数が24基から16基へと減っている。コアやユニットの数は約6割に削減されている計算だ。その代わり、コアクロックやシェーダ(CUDA Core)クロックは16%向上している。消費電力も150Wから106Wへと大きく減っており、必要なPCI Express電源端子もPCI Express 6ピン電源端子×2からPCI Express 6ピン電源端子×1に変更されており、容量の小さな電源ユニットでも利用できるようになった。

カード長は約21cmと短い

 今回は、NVIDIAのリファレンスカードを利用したが、カードの長さは約21cmと短めなので、奥行きの短いケースでも問題なく装着できるだろう。ただし、2スロット占有タイプなので、すぐ隣のPCI Expressスロットは利用できなくなる。出力端子はDVI-Iを2系統と、Mini HDMIを備えているが、同時に出力できるのはそのうち2系統までとなる。もちろん、SLI構成にも対応する。前述したように、追加電源端子は、PCI Express 6ピン電源端子が一つのみとなっている。

GeForce GTS 450リファレンスカードの長さは、約21cmと短めである出力端子として、DVI-I×2とMini HDMIを搭載するが、同時に出力できるのは2系統まで
GPU-Zで、GeForce GTS 450の情報を表示させてみたところ。リファレンスカードなので、定格通りのクロックになっている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中