このページの本文へ

「ハーバード白熱教室」サンデル教授の著作が電子書籍化

2010年08月19日 21時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 早川書房は、マイケル・サンデル(Michael J. Sandel)氏による著作『これからの「正義」の話をしよう』の電子書籍版を発表した。発売は8月27日予定。ボイジャーの電子書店「理想書店」にてiPad/iPhone/PC対応版、また「App Store」にてiPhone/iPod touch対応先行版(後日アップデートでiPadにも対応)をリリースする。

 マイケル・サンデル氏は、米ハーバード大学史上最も人気が高い授業「JUSTICE」(正義)で知られる政治哲学の教授。NHKのTV番組「ハーバード白熱教室」でその模様が放送され、日本でも話題となった。書籍『これからの「正義」の話をしよう』は、この授業を元にしたベストセラー「JUSTICE: What's the Right Thing to Do?」の邦訳版となっている。

 また電子書籍版発売日は、マイケル・サンデル氏を招聘する「ハヤカワ国際フォーラム」開催日にあたる。マイケル・サンデル氏来日とフォーラム開催を記念し、発売日から3週間限定(9月17日まで)で特別価格900円にて配信を行なう(通常価格1600円)。

 なお、早川書房の直販サイト「ハヤカワ・オンライン」にある書籍版『これからの「正義」の話をしよう』紹介ページでは、第1章のPDFデータが配布されている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

壊れたらごめん、Core i3-7350Kを公開OC

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください