このページの本文へ

アスキー総研、「iPad購入層は年収/デート率が高い」

2010年08月17日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキー・メディアワークスのリサーチメディア部門「アスキー総合研究所」は、「iPad購入実態調査」を発表した。国内最大のメディアコンテンツ調査「MCS(メディア&コンテンツ・サーベイ) 2010」回答者に対して「iPad購入実態調査」を行ない、iPadの購入有無/購入意欲、利用状況や評価を把握、メディアコンテンツの利用傾向との関連、購入層の特徴を抽出した。

 「MCS(メディア&コンテンツ・サーベイ) 2010」の概要は、調査対象が12〜69歳男女、調査時期が2009年10月27日〜11月11日、有効回答数が1万580サンプル(PCおよびインターネット利用者の性別/年代構成に合わせて割り付け)。「iPad購入実態調査」概要は、調査対象がMCS 2010回答者よりランダム抽出、調査時期は2010年7月、有効回答数が7158サンプル。

 iPad購入実態調査結果は、以下の通り。

  • 4人にひとりはiPad購入に前向き
  • 購入者は男性、40代が多いが、購入予定を含めると50代がトップ
  • 満足度は高めで、美しさに対する評価が上位独占
  • 56%が"Flash未対応"に「不満」、32%が「重い」
  • 3人にひとりが、「パソコンの使用機会減少」
  • 有料電子書籍の利用/利用予定はiPadユーザーの半数程度
  • 購入予定者の9割がiPad以外のタブレット端末にも期待

iPad利用者像

 「iPad購入実態調査」によれば、iPad購入層は世帯年収が高く、比較的経済的余裕があり、ビジネスに関心が高いとしている。また、オーディオやブルーレイの利用度も高く、未婚者の場合は休日にデートをしている割合が高い傾向が挙げられている。

設問項目 特徴的な回答 iPad購入者 回答者全体
性別/ライフステージ 男性、未婚、休日デートあり 10.2% 4.1%
世帯年収 2000万円以上 3.4% 1.3%
行動や考え方の特徴(自己評価) 新しいものに飛びつく方だ 30.5% 10.7%
ビジネス情報の入手先 雑誌/
BS放送(無料のもの)/
TV(CATV放送)
42.4%/
18.6%/
11.9%
17.7%/
5.7%/
3.6%
スカパーなどの有料番組で「見たことがある」もの BBC ワールドニュース 15.3% 4.6%
雑誌で読んだもの 日経ビジネス 33.9% 9%
劇場で見た映画 「スラムドッグ $ ミリオネア」/
「トランスフォーマー/リベンジ」/
「グラン・トリノ」
16.9%/
13.6%/
10.2%
3.1%/
3.4%/
2.6%
ブルーレイディスクの購入状況 ブルーレイディスクを購入する 30.5% 7%
CDレンタル状況 月に3枚以上 30.5% 7%
DVDレンタルしたもの 「24 - TWENTY FOUR 7−1」/
「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-
18.6%/
13.6%
2.8%/
4.3%

 また、デジタルコンテンツ活用においては、「マリオカートWii」や「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の利用率の高さほか、ミニノートやスマートフォン、データ通信アダプターを介したコンテンツ利用率が挙げられている。

設問項目 特徴的な回答 iPad購入者 回答者全体
利用しているゲーム機 Wii/
ニンテンドーDS/
Xbox 360
42.4%/
23.7%/
8.5%
18.3%/
11.4%/
1.8%
購入したゲームソフト 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」/
「マリオカートWii」
32.2%/
15.3%
9.6%/
2.7%
利用していパソコン ミニノート/
モバイルノートパソコン
18.6%/
15.3%
5.6%/
4.4%
利用している携帯電話などの種類 iPhone/
データ通信カード、USBアダプターなど
33.3%/
18.5%
22.1%/
12.1%
ネット利用機器 携帯型ゲーム機/
据え置き型ゲーム機/
インターネット接続TV
64.4%/
61%/
20.3%
41.1%/
42.2%/
6.6%
ネット/CATVで利用している放送/通信サービス スカパー光/
アクトビラ
8.5%/
5.1%
1%/
1.9%
利用している家電製品 デジタル一眼レフカメラ/
ブルーレイレコーダー/
ホームシアターシステム
30.5%/
27.1%/
15.3%
8.3%/
8.9%/
5.8%

iPad購入率と購入意向

 「iPad購入実態調査」回答者のうち、「購入または予約した」が0.8%、「購入を予定」は2.3%で、当面の利用者見込みは3.1%。Android搭載端末の割合1.6%を上回り、iPhone 4の3.3%に迫るものとなっている。さらに「購入するかもしれない」を含めると4人にひとりとなっている。

iPad購入率と購入意向

iPadの性別/年代別購入意向

 購入率の性別比較は、男性1.2%、女性0.4%。「購入を予定」では男性3.0%、女性1.7%。年代別の購入意向(今後購入するかもしれない)は、50代が23.8%、60代が22.0%、40代が21.4%、20代以下が20.0%。

iPadの性別/年代別購入意向

iPadを利用して便利だと思った場所

 iPadの使用場所の1位は、「自宅のソファ」(56%)。2位が「自宅のベッド、ふとん」および「そのほか自宅の居間」(いずれも38%)、以下「電車/バスの中」(28.0%)、「ファーストフード店、レストランなど」(24.0%)、「出張中に」(22.0%)となっている。

 また、便利だと思った場所の1位は「自宅のソファ」で33%。2位が「自宅のベッド、ふとん」(30.6%)。以下は、「そのほか自宅の居間」(12.2%)、「出張中に」(12.2%)、「電車/バスの中」および「旅行中」(いずれも10.2%)など。

iPadの使用場所と、便利だと思った場所

 使用場所1位の「自宅のソファ」において便利だと思ったユーザーは33%、使用場所2位の「自宅のベッド、ふとん」で便利としたユーザーは38%。ベッド/ふとんで寝転がりながらという方が満足度は高いことになる。

iPadの用途

 iPadの用途1位は、「Safari」による「ニュース」閲覧(70.0%)で、2位がメール(66.0%)、3位が「Safari」による「地図、お店検索など」(60.0%)。このほか、「知識/教養(Q&A、Wikipediaなど)」および「写真(写真閲覧)」(44.0%)、「YouTube」が42.0%、「カレンダー(スケジュール管理)」(38.0%)、ゲームアプリ(38.0%)、「買い物」(30.0%)、「ニュース閲覧」アプリ(30.0%)。

 なお電子ブック関連では、「電子雑誌/新聞」は32%、「iBooks」が28.0%、「電子書籍(iBooks以外)」が26.0%となっている。

iPadの用途

iPad使用後の満足点/不満点

 iPadの満足点は、「ディスプレイが見やすい、美しい、大きい」が70.0%でトップ。不満点のトップは「Flashに対応していない」で、56.0%。満足点での「軽い」(16.0%)に対し、不満点では「重い」(32.0%)となっている。

 このほか、満足点では「画面のデザインやユーザーインターフェイスが美しい」(56.0%)、「筐体のデザインが美しい」(46.0%)、「バッテリーの持ち時間が長い」(44.0%)、「製品の設計思想が良い」(40.0%)、「さまざまなアプリを活用できる」(38.0%)が挙がっている。

 Flash未対応や重量以外の不満点は、「マルチタスクではないこと」(30.0%)、「USBポートがない」(26.0%)、「SDカードスロットなどがない」(24.0%)、「パソコンでは簡単なことがiPadでは面倒」および「本体価格が高い」(それぞれ14.0%)となっている。

iPad使用後の満足点
iPad使用後の不満点

新型タブレット端末、「アップル」と「ソニー」への期待

 現行iPad以外の新端末発売については、iPad購入者では「とても期待している」が37.3%、「やや期待している」が44.1%。iPad購入予定者では「とても期待している」が45.2%、「やや期待している」が45.8%となっている。

現行iPad以外の新端末発売について

 また新タブレット端末を発売してほしいメーカーは、ソニーが46.8%、アップルが44.3%。以下、東芝(19.9%)、パナソニック(19.9%)、NTTドコモ(19.4%)、マイクロソフト(17.4%)、アマゾン(16.4%)の順番。

新型タブレット端末を発売してほしいメーカー

有料電子書籍/コミック/雑誌の利用状況と利用意向

 iPad購入者のうち、有料の電子書籍/コミック/雑誌を「すでに利用している」が20.3%、「利用すると思う」および「利用するかもしれない」がそれぞれ28.8%。iPad購入予定者では、「すでに利用している」が6.0%、「利用すると思う」が37.5%、「利用するかもしれない」が41.1%。iPad購入者および購入予定者とも、有料の電子書籍/コミック/雑誌の利用については半数程度の結果となっている。

有料電子書籍/コミック/雑誌の利用状況と利用意向

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中