このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ ― 第31回

HTML5のCanvasで作る、Flash不要のお絵かきツール

2010年04月15日 11時00分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は「古籏一浩のJavaScriptラボ」の第31回です。過去の記事も合わせてご覧ください。

HTML5 canvas
HTML5 Canvasで作った「シンプルペイント」。ペンの色とサイズが選べ、保存もできる。画像クリックでサンプルページを表示します(Firefox 3/Opera 10/Safari 4で表示可能)

 HTML5の新機能で特に注目を集めているのが、Flashなどのプラグインを使わずにWebブラウザー上でグラフィックを描画できる「Canvas」です。Canvasは、すでにInternet Explorer(IE)をのぞく、ほとんどのブラウザーに実装されていますし、マイクロソフトは現在開発を進めている「IE9」でHTML5を積極的にサポートするとしていますから、IE9にCanvasが実装される可能性は高そうです(ただし、現在公開されているPlatform Preview版ではCanvasは実装されていません)。すべての主要ブラウザーでCanvasが利用できるようになれば、画像処理を伴うWebアプリケーションを今よりも手軽に開発できるようになるでしょう。

 本連載では過去に、HTML5のCanvasを使って画像フィルターを作成する方法を紹介しました。

HTML5のcanvasで作る画像フィルター(古籏一浩のJavaScriptラボ 第14回 )
http://ascii.jp/elem/000/000/465/465675/


 今回は、Canvasを使って、Windowsの「ペイント」のような簡易お絵かきツール(便宜上「シンプルペイント」と呼びます)を作ってみましょう。Canvasを使ったお絵かきツールはすでにいくつか公開されています。

Canvas Painter(描画の軌跡を記録できるお絵かきツール)
http://caimansys.com/painter/

Canvas Paint(WindowsのペイントをHTML5で実現)
http://canvaspaint.org/


 お絵かきツールは原型さえ作ってしまえば、比較的簡単に機能を追加できます。今回作成するシンプルペイントは、ブラシの色とサイズの指定、PNG形式での保存機能だけを持つ、文字通りシンプルなツールですが、好みの機能を追加していけば、本格的なお絵かきツールにも仕上げられるでしょう。

 シンプルペイントの対応ブラウザーは、Firefox 3/Opera 10/Safari 4ですが、JavaScriptライブラリーを使って、IE9のPlatform Preview版で動作させる方法も紹介します。

書影

「まとめてじっくり読みたい!」という読者のみなさまの声にお応えし、この連載が本になりました。書籍化にあたって加筆修正し、記事公開後の最新情報やコラムも盛り込んでいます。

HTML5+JavaScript アイデア&実践サンプル

本体 2,800+税、B5変形判312ページ(オール4色刷)
ISBN:978-4-04-870448-9

Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング