このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

制作陣もアキバに登場!「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」発売!

2010年04月01日 23時59分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2007年に“WIZ”シリーズを彷彿とさせる本格的なダンジョンRPGとして、爆発的なヒットを記録した「世界樹の迷宮」。シリーズ三作目となる「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」がこの日発売された。これまでは、地下へと潜るダンジョンが舞台となっていたが、本作では舞台が海へと広がっている。それに伴い、新しい職業が追加されているほか、過去の作品の職業がリニューアルされているという。

「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の価格は6279円
こちらは初回版に特典としてつけられている、サウンドトラックCD
ショップ特典のテレカは、ソフマップ、メッセサンオー、ゲーマーズの3店舗で用意されていた

 発売日のこの日、秋葉原のソフマップアミューズメント館の6階にて、同シリーズに楽曲を提供している古代祐三氏やイラストを担当する日向悠二氏の2人によるサイン会も行なわれた。
 サイン会は、この日発売された「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」を購入した人を対象に実施され、購入店舗をソフマップアミューズメント館に限定せず「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」を購入したすべての人が、サイン会参加の抽選会に参加できた。
 サイン会が行なわれる1時間前の17時に抽選会は行なわれたのだが、急遽決まったサイン会にも関わらず、同作品のファンが200人以上が参加。抽選を待つ列は、ジーンズメイトアキバあそび館の店頭近くまで伸びていた。

急遽、開催が決定したサイン会。抽選会には、アトラスやソフマップのスタッフの予想を大幅に超える人数が参加した先日オープンしたばかりの中央通りのクラブセガと広瀬ビルの間まで伸びていた抽選待ちの列
17時20分の段階で抽選会へ参加は打ち切られていた
サイン会に参加できたラッキーな約60人のファンを前に、古代氏は「私はまだ、プレイしていないのですが、みなさん楽しんでいたければと思います」と話し、日向氏は「すでに僕とすれ違った人もいるようです。通信にも対応しているので、みんなでわいわい楽しんでいただければと思います」とコメント
ファルコム時代からの熱いファンも多いゲームサウンドクリエイターの古代氏バリスタとモンクがお気に入りというキャラクターデザインの日向氏
サインしてもらう場所は、ゲームのパッケージやサントラCDのジャケット、ライナー、ショップ特典テレカなど、ユーザーが選んで入れてもらうことができた

 ソフマップアミューズメント館の抽選会に参加したが、惜しくもハズレてしまった人には、4月12日から30日までの期間に、同店の印が入ったハズレ券を持ってソフマップアミューズメント館に訪れると「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」”特製タッチペン&モッパー”のセットと交換できるとのことだ。
 さらに、4月4日から11日までは、同タイトルのディレクター小森氏、サイン会に参加した日向氏、デザイナーの横路氏のギルドカードをゲットできる配布イベントが、メッセサンオー本店の店頭が行なわれる予定だ。世界樹シリーズが大好きなファンは足を運んでみてはどうだろうか。

ソフマップアミューズメント館で特製タッチペンとモッパーのセットと交換できるのは、同店の印が入ったはずれ券のみ
ギルドカードの配信イベントに参加するには最初の“地図書きクエスト”をクリアして、ギルドカードのすれ違い設定をする必要がある

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社