このページの本文へ

速報・アップルのタブレット端末「iPad」が発表!

2010年01月28日 05時15分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アップルは現地時間の27日、9.7インチの液晶ディスプレーを備えた新型モバイル端末「iPad」を発表した。

 無線LANのみ/無線LAN+3G通信という2種類を用意し、それぞれフラッシュメモリーが16/32/64GBと異なる3モデルがある。価格は無線LAN/16GBモデルが499ドル(約4万5000円)から。米国では無線LANモデル3月下旬以降、無線LAN+3Gモデルが4月から出荷される。日本における発売時期は、無線LANモデルが3月下旬以降、無線LAN+3Gモデルが6月以降。

iPad iPad。無線LANモデルに130ドルを足すと、無線LAN+3Gモデルが買える計算だ
モデル 16GB 32GB 64GB 出荷
無線LAN 499ドル 599ドル 699ドル 3月下旬
無線LAN+3G 629ドル 729ドル 829ドル 4月(米国)

 「Safari」や「Mail」といった、iPhoneやiPod tocuhと同じアプリが動作する。各種アプリを利用して、ウェブサイトや写真、YouTubeを閲覧したり、仮想キーボードを画面に表示して文章を打つことが可能だ。

 9.7インチの液晶ディスプレーは解像度が1024×768ドットで、IPS方式のパネルを採用する。CPUは「Apple A4」、バッテリー駆動時間は10時間。複数箇所を同時に触って認識できる「マルチタッチ」に対応する。加速度センサー、およびデジタルコンパスを内蔵。さらに無線LAN+3GモデルではGPSも内蔵している。

 無線通信は、IEEE 802.11 a/b/g/nとBluetooth 2.1+EDRに対応。本体サイズは幅189.7×高さ242.8×奥行き13.4mm、重量は無線LANモデルが680g、無線LAN+3Gモデルが730g。アクセサリーとして、Dockコネクタで接続するキーボードやケースを発売する。

 音楽を買う「iTunes」やアプリを購入する「App Store」に加えて、新たに電子書籍をダウンロードするための「iBooks」アプリを用意した。米国では、iPad発売時にオープンする予定だ。

iPad iPad

 ASCII.jpでは、追って発表会の模様をお伝えする。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中