このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

カンタン! iPhoneでBentoを使おう

2009年07月11日 22時29分更新

文● 倉田吉昭、MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone/iPod touchをビジネスに、パーソナルに活用するためのソフトが「Bento for iPhone and iPod touch」。Mac版「Bento 2」と連携して、外出先であらゆるデータを参照・入力できるのが強みだ。そのキホンを紹介しよう。


Bento for iPhone and iPod touch Bento for iPhone and iPod touch

価格:600円
開発元:米FileMaker社
カテゴリー:仕事効率化
サイズ:3.0MB
iTunes Storeで見る

Macと同期できる唯一のiPhone用データベース

「Bento for iPhone and iPod touch」は、Mac用個人向けデータベースソフト「Bento 2」のiPhone/iPod touch版。Mac版の操作性を踏襲したうえで、データの入力と閲覧という機能に特化した作りになっており、シンプルでわかりやすい使い勝手が特徴だ。


インターフェース

Bento for iPhone ホーム画面の主な役割は、(1) ライブラリーの表示をリスト形式とCover Flowで切り替える、(2) Safariを開いてオンラインヘルプを表示(英語)、(3)タップするとリスト画面になり、ライブラリー/コレクションの削除と並べ替えができる、(4) ライブラリーに含まれるレコード数とコレクション一覧を表示、(5) 現在Cover Flowの中心に表示されているライブラリーを開く、(6) ライブラリーの選択や削除を実行するホーム画面に移動する、(7) 全ライブラリーを対象とした検索画面に移動する、(8) 新規ライブラリーの作成画面に移動(ライブラリー数は残メモリー容量に依存)、Mac版Bentoとの同期画面に移る──というもの

 あらかじめ用意されているテンプレートを使うか、もしくはゼロからデータベースを作成し、データの入力や編集が可能。入力したデータは、電話番号をタップして直接電話をかけたり、撮った写真をデータベースに埋め込んだり、住所をタップして「マップ」を開いたりと、iPhone/iPod touchの諸機能とシームレスに連携する。

 また、Mac版Bentoのデータを同期して使うこともできる。iPhone/iPod touch版のデータベースソフトはいくつかあるが、Mac上のデータベースソフトと同期できるものはほとんどない。Bentoなら、データベースの設計や今まで管理していたデータの登録はMac側で実行し、iPhone/iPod touchで日々のデータ入力や閲覧をする──といった使い分けが可能だ。

 データベースというと難しく考えがちだが、例えば蔵書やCDのリストなども立派なデータベースだ。こうしたちょっとしたデータベースを作るのにBentoは最適。さらに、Bento 2で用意されていた買い物リストやメモ帳、To Do管理といったテンプレートは、iPhone/iPod touchという携帯端末で閲覧可能になったことで、使いやすさが増した。


レコード数の確認

Bento for iPhone 「i」ボタンをタップするとライブラリーに含まれるレコードの数の確認とコレクションの一覧にアクセスできる。Mac版と同じく、初めからiPhoneのアドレスブックがライブラリーとして登録されている

名称の変更や削除

Bento for iPhone リスト表示で右上の「編集」ボタンをクリックすると、データベース名の変更や削除、並び順の入れ替えができる。「ALL」から「Libraries」に切り替えるとコレクションが非表示になる。削除もここで可能だ

検索語句を入力

Bento for iPhone Search画面では全ライブラリーを対象にしたレコード検索が可能。ただし、検索対象は「Display Field」で設定した2つのフィールドのみ。ライブラリー画面では表示中のレコードのみを検索する

データの作成

Bento for iPhone Bento for iPhone Bento for iPhone
Bentoでは登録するひとつひとつのデータをレコードと呼ぶ。ライブラリーの初めの画面で右上の「+」をタップすると各レコードの編集画面が表示され、登録できる。フィールドをタップして入力するフィールドはレコードにあるそれぞれの項目のこと。レコードを表示中に右上の「Fields」をタップすると、フィールドの編集画面になる。また、左上の「+」をタップすると新規フィールドを作成できるレコードの表示中に右下が3つ重なったアイコンをタップすると、コレクションの編集画面だ。コレクションとはフォルダー分けのようなもの。チェックボックスをタップして、所属させたいコレクションを決定

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中