このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

水樹奈々さんのニューアルバムがオリコン1位獲得で沸き立つ秋葉原?

2009年06月09日 23時10分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日“水樹奈々さんやCLANNAD第7巻などの人気タイトルが発売!”にてお伝えしていた、水樹奈々さんの7thアルバム「GREAT ACTIVITY」が、7万4千枚でオリコンのウィークリーチャートアルバム部門を声優としては初となる1位を獲得するという快挙を成し遂げた。すでに「水樹奈々 大いに唄う」のDVDが付属した限定盤は売り切れているショップもあったが、ゲーマーズAKIHABARA本店やとらのあな本店ではまだ在庫に余裕があるとのことだ。
 今回のオリコンアルバム部門ウィークリーランキング1位獲得についてショップスタッフからコメントを聞くと「やりましたね。売れてはいましたが、ここまで売れるとは予想していませんでした。この勢いでシングルでもぜひ1位を獲得してもらいたい」、「前作の『GREAT ACTIVITY』に比べて2万枚近く多い7万4千枚。夏のドームライブが楽しみです」と今後の水樹奈々さんの活躍に期待を寄せるコメントが聞かれた。

ゲーマーズAKIHABARA本店では、オリコン1位を祝う“ゲマスポ”がスタッフの手で用意され配布されていたとらのあなでは限定盤はあるものの、店舗特典のポップとミニタオルは配布終了
ゲーマーズAKIHABARA本店の2階では次の注目タイトルとして、6月17日発売予定の平沢唯と秋山澪の「けいおん!」キャラソンCDのジャケットとレーベルのサンプル展示が実施されていた

 新商品として注目を集めていたのは「Prism」。同アルバムはVOCALOID2シリーズの第2弾“鏡音リン・レン”でキャラクターボイスを担当した下田麻美さんが、自身の担当したキャラクターの歌う楽曲としてインターネット上で発表された13曲をカバーするという新しいスタイルとなっている。収録されている13曲の楽曲には“リンリンシグナル”といった楽曲のほか、これらの楽曲を制作したクリエイターによる新曲も収録されている。
 ショップスタッフからは「VOCALOIDの歌うのもいいですが、やっぱり生身の人間が歌ったものの方が自然ですね」といったコメントのほか、「自身が担当したソフトから作られた曲を、自らカバーするのは新しいですね。これらのソフトが増えていったらカバーではなく、アーティストの持ち歌になる作品が登場するかもしれませんね」といった声も上がっていた。

自身の声で演奏されている楽曲を、自らカバーするというこれまでにない新しい音楽のあり方を形にした「Prism」。価格は3000円
ゲーマーズの購入特典として下田麻美さんのブロマイド3点セットが用意されていたとらのあなの特典は、アナザージャケットが用意されていた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社