このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「Excel VBA」でプログラム入門 ― 第1回

Excel VBAで面倒な仕事を自動化しよう

2009年06月05日 09時00分更新

文● 矢野まど佳、熊谷よし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンピュータにさまざまな動作をさせるにはプログラムという指令書が必要ですが、エクセルにも「VBA」という言語を使って作る「マクロ」というプログラムがあります。煩雑な作業も一瞬で完了できるため、マクロの作り方を覚えると、やめられなくなるほど楽しいものです。本書は初めての方でもマクロ作成を無理なく覚えられます。ここまでやさしいVBA解説書は他にありません!

いきなりマクロに飛び込む前に!

こんな警告画面が出たら……
セキュリティの設定を変更する!

マクロが使用できないという警告メッセージ
マクロが使用できないという警告メッセージが出たら!?

 マクロが含まれたブックを開こうとすると、上のメッセージが表示されることがある。これは、Excelのセキュリティ機能が働いているためだ。このままではマクロが使えないので、[OK]ボタンをクリックして、下の方法でセキュリティの設定を変更する。

セキュリティ レベルの変更画面
[ツール]→[マクロ]→[セキュリティ]でセキュリティ レベルの変更画面を開く

 マクロを実行するには「セキュリティ レベル」を変更すればいい。メニューバーから[ツール]→[マクロ]→(1)[セキュリティ]を選んで「セキュリティ」画面を表示。[セキュリティ レベル]タブで(2)[中]を選択して(3)[OK]を押す。こうするとマクロの入ったブックを開くたびに、マクロを有効にするかどうか選べる。「低」にしてしまうと警告がまったく表示されなくなるので危険だ。

Excel 2000、2002の場合 Excel 2003の場合
Excel 2000、2002の場合Excel 2003の場合

ファイルを開くときは
[マクロを有効にする]をクリックする

セキュリティ警告の画面
マクロを含むExcelファイルを開くと、セキュリティ警告の画面が表示される

 セキュリティレベルを[中]に設定すると、マクロが含まれるブックを開くたびに、マクロを有効にするかどうか確認するメッセージが表示される。有効にしてもよければ、[マクロを有効にする]ボタンをクリックしてブックを開く。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

ASCII.jp会員サービス デイリーインデックスメール登録

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ