このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第54回

iPhoneからBlackBerryに乗換え 理由は背面カバー

2009年06月04日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回はBlackBerry Boldを「戦略的」に衝動買いした話。買い替えた理由は、デキのいいバッテリーカバーにうっかり出会ってしまったからだ

スマートフォンを「はしご」してきた

 日本でスマートフォンの草分けと言えば、ウィルコムの「W-ZERO3」だが、筆者が初めて使った純粋なスマートフォンは米T-Mobileの「SideKick」だった。

 SideKickは、変形ギミックが最高だ。メール着信があるや否やポケットから取り出して、親指で液晶画面のフレームをプッシュすると、液晶が「シャキーン!」とダイナミックに回転してキーボードが現れる。

SideKick SideKick
SideKick SideKick
「元祖・シャキーンケータイ」とでも言うべき、T-MobileのSideKick。米国滞在時の強い味方だ

 それ以来、数多くのスマートフォンを「はしご」してきた。今は、昨年夏に買って、最近はほとんど出番がなくなってきているiPhoneを解約するかどうかで悩んでいる。

 ケータイは長期契約付きで買うと、すぐに気分が変わって解約するときに数万円単位でお金をドブに捨てることになってしまう。筆者同様、「ケータイ衝動買い」という悪癖のある人は、最初は少し高くても「白ロムケータイ」をオークションなどで探すのが、最終的には得だろう。

 ここ半年ほどで、スマートフォンを3台ほど購入したが、すべてオークションで購入した白ロム版だ。

 キャリアが違おうが、ケータイの製造メーカーが異なろうが、スマートフォンであれば、オンライン上の「Google カレンダー」や連絡先を利用できる。短期間に何台ものケータイを買い換えたり、並行して複数台のケータイを使っても、電話帳の引き継ぎや予定表の同期といった無駄な作業とは無縁だ。ネットに接続して、「Sync一発」で1分後には以前のケータイと同じに使えてしまう。もはやケータイはシンクライアントの最先端だ。


IBM PC系のBlackBerryに乗り換えた

 現在、筆者のケータイ環境は、iPhoneと「Nokia E90」の両方を止めて、発熱問題の落ち着いた「BlackBerry Bold」に統一した。

BlackBerry Bold 珍しくストラップが付けられる海外製スマートフォン「BlackBerry Bold」のドコモ版

 ケータイも、パソコンで言う「Mac系」と「IBM PC系」のDNAがどことなく残っている面白い世界だ。アップルDNAの人にはどことなくiPhoneが快適で、IBM PC系の人にはNokiaやBlackBerryがしっくりくる。

 今回、BlackBerry Boldに乗り換えた理由は、電池カバーのバリエーションの多さにある。スマートフォン系のウェブサイトを徘徊していて、偶然、見つけてハマってしまった。

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART