このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

バイ・デザイン、地デジ対応の42インチプラズマTV『PH-4201DFK』を17万9800円で発売

2007年03月06日 23時14分更新

文● 編集部

バイ・デザイン(株)は6日、地デジタルチューナーを搭載した42インチのハイビジョンプラズマTV『PH-4201DFK』の販売を同日付けで開始すると発表した。直販サイトでの価格は17万9800円(送料別)。

『PH-4201DFK』
『PH-4201DFK』

『PH-4201DFK』は、新開発の地上デジタルチューナー(ISBD-T)とアナログチューナーを搭載し、解像度が1024×768ドット、コントラスト比が10000:1、輝度が1200cd/m2のハイビジョン対応プラズマパネルを採用した42インチテレビ。2画面表示(ピクチャーバイピクチャー)や画面モード切り替え(16:9、4:3)にも対応している。音声出力は10W+10Wで、サラウンド機能は“BBEサラウンド回路”を搭載する。

入力端子は、HDMI、D4、Sビデオ、アナログRGB、コンポジットビデオを装備し、5.1ch対応の光デジタル出力端子(TOS-LINK)なども用意されている。電源はAC100Vで、消費電力は320W(待機時20W以下)。本体サイズは幅1246×奥行き305×高さ731mm、重量は41kg。B-CASカード(ブルーカード)、赤外線リモコンが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART