このページの本文へ

オリンパスイメージング、ISO 6400で撮影できるコンパクトデジタルカメラ『μ1000』を発売――シニア向けカメラも

2006年08月28日 18時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパスイメージング(株)は28日、ISO 6400の高感度撮影が可能な1000万画素CCD搭載コンパクトデジタルカメラ『μ(ミュー)1000』を10月中旬に発売すると発表した。併せて、団塊世代をターゲットにしたシニア向けカメラ『μ730』も発売する。ともに価格はオープン。

本体正面 本体背面
本体正面本体背面
『μ1000』

『μ1000』は、生活防水機能(JIS保護等級4相当)を搭載したスタイリッシュデザインの“μ”シリーズの新ラインアップで、1/1.8インチの1000万画素CCDを搭載し、世界最高感度というISO 6400の高感度撮影を行なえるのが特徴。ISO 6400に対応したことで、夜景撮影時の手ぶれや被写体ぶれなどを抑えられるほか、新搭載の“かんたん補正ボタン”により、手ぶれ/逆光/赤目の3つを一度に補正できる。そのほか、暗い場所でも動画(VGA/30fps)の撮影が可能な“ナイトムービー機能”も搭載されている。

レンズは焦点距離が7.4~22.2mm(35mmカメラ換算で35~105mm相当/F2.8~4.7)の光学3倍ズーム(4群6枚)で、最短撮影距離は0.6m(スーパーマクロでは0.1m)。記録解像度は、静止画が最大3648×2736画素(ISO 3200以上では最大2048×1536画素)、動画が640×480画素/毎秒30フレーム。記録方式は、静止画がExif 2.2/JPEG/DCF/DPOF、動画がQuickTime/Motion JPEG。記録メディアは内蔵メモリー(約28.5MB)と市販のxDピクチャーカードを利用する。モニター用の液晶ディスプレーは2.5インチで約23万画素。

インターフェースはUSB で、対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE、Mac OS 9.0~0.2、Mac OS X 10.1~10.4。電源はリチウムイオン充電池(LI-12B)を使用し、約280枚の撮影が可能(CIPA規格)。本体サイズは幅97×奥行き22.7×高さ56.2mm、重量は140g。

本体正面( 本体背面 チタニウムシルバー
本体正面(シルバー)本体背面“チタニウムシルバー”
『μ730』

『μ730』は、団塊世代を意識し、ユニバーサルデザインを採用したシニア向けのデジタルカメラ。3.0インチ(約23万画素)の液晶ディスプレーを搭載し、操作ボタンの名称を日本語で表記するなど、シニアや初心者にも分かりやすくしてあるのが特徴。液晶ディスプレーに大きな文字とアイコンで必要な情報のみを表示する“かんたんモード”や、3つの補正を同時に行なう“かんたん補正ボタン”を搭載するほか、ポケットサイズのガイドブック“かんたんポケットガイド”を同梱。専用の電話相談窓口も設置するという。

CCDは710万画素で、レンズは光学3倍ズーム(35mmカメラ換算で38~114mm相当)を搭載する。ISO感度は最大3200(画像サイズは2048×1536画素以下の場合)。記録解像度は、静止画が最大3072×2304画素、動画が最大640×480画素/毎秒30フレーム。記録方式は、静止画がExif 2.2/JPEG/DCF/DPOF、動画がQuickTime/Motion JPEG。記録メディアは内蔵メモリー(約22MB)と市販のxDピクチャーカードを利用する。

インターフェースはUSB で、対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE、Mac OS 9.0~0.2、Mac OS X 10.1~10.4。電源はリチウムイオン充電池(LI-42B)を使用し、約200枚の撮影が可能(CIPA規格)。本体サイズは幅95.5×奥行き21.0×高さ61.5mm、重量は約130g。本体カラーはシルバーと“チタニウムシルバー”をラインアップする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン