このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

松下電器産業、SDメモリーカード対応のポータブルオーディオ“D-Snap Audio”に新モデル──9.9mmと薄型で最長108時間の再生が可能

2005年10月18日 17時14分更新

文● 編集部 小林久

松下電器産業(株)は18日、ポータブルオーディオプレーヤー“D-Snap Audio”シリーズの新製品4機種を発表した。3月に発表された『SV-SD100/90』の上位製品で、ユーザーから要望として挙がった“操作性の向上”と“携帯性”を中心に改良を加えた。価格はオープンプライスで、11月19日に発売する。

製品写真
D-Snap Audio

今回追加された4製品は、700番台と300番台の2ライン構成で、それぞれにFMラジオとボイスメモ機能を搭載した上位機種、再生専用の下位機種がある。編集部による想定実売価格は『SV-SD750V』(FMラジオ・ボイスメモ搭載)が2万円前後、『SV-SD700V』(再生専用)が1万8000円前後、『SV-SD350V』(FMラジオ・ボイスメモ搭載)が1万6000円前後、『SV-SD300』(再生専用)が1万4000円前後。

フラットボディーは最薄部9.9mm
操作部分を大きくし、使いやすく

SV-SD100/90は正方形に近い“スクエアデザイン”を採用していたが、今回の4機種はいずれもフラットで薄型のデザインとなっている。選曲操作に使用する“8方向ボタン”を本体の前面(液晶パネル右)に配置し、大きく操作しやすくしたほか、音楽の再生中に右上のボタン(MARKボタン)を押すことで、簡単にプレイリストを作成できる“イッパツ登録・イッパツ再生”機能も追加した。

D-Snap Audio SDメモリーカード対応
SV-SD750V(右下)とSV-SD300(左上)4機種とも記録メディアにはSDメモリーカードを使用する

ともに最薄部は9.9mm。最大外形寸法はSV-SD750VとSD700が幅87.3×奥行き46.7×高さ11mm、SV-SD350VとSD300が幅87×奥行き40.5×高さ10.3mm。電池を収納した重量はSV-SD750Vが53g、SD700が52.5g、SD350Vが48.4g、SD300が35.4gとなる。厚みと幅はほぼ同等で、700番台の2機種の奥行きが6mmほど長い。

カラーバリエーション 最薄部は11mm
300番台の2製品は4色のカラーバリエーションを用意する4機種とも本体は最薄部9.9mmと薄型

再生可能なファイル形式はAAC、WMA、MP3の3種類。SDメモリーカードは別売で、転送ソフトは付属の『SD-Jukebox Ver.5.0 LE』(対応OS:Windows XP/2000)を使用する。パソコンからSDメモリーカードには無制限で楽曲をコピーできるが、SDメモリーカードから他のパソコンに楽曲をコピーすることはできない。音楽配信はニフティ(株)が提供する“MOOCS”に対応。MOOCSを利用する際には、SD-Jukeboxに別途パッチを当てる必要がある。Windows DRMには未対応。

信号のフルデジタル処理を行なうデジタルアンプ、圧縮時に音源から失われた高音域の情報を補完する“リ.マスター”機能、イコライザーと音質効果のクロスミックスで16種類の音場を再現できる“パーソナルサラウンド”などを特徴とする“D.SOUND(Dサウンド)エンジン”も搭載する。

上位モデルにはインナータイプの2Wayヘッドホンが同梱

上位のSV-SD750V/SD700は、表示部に漢字対応の7行表示“ネガLCD”(白黒反転したモノクロ液晶パネル)を搭載。十字キーにも、指でなぞることで画面スクロールが行なえる“タッチスライド”の機能を持たせており、より滑らかな選曲操作が行なえる。バッテリー寿命も改善され、付属のリチウムイオン充電池パック(RP-BP40L)で約45時間。SV-SD750Vに付属する乾電池ケースを併用した場合約105時間の連続再生が可能となった。

付属のイヤホンは低音用と中高音用の2つのドライバーを内蔵する“ダブルドライブインサイドホン”で、それぞれに独立した音響回路を設けることで、低域の歪みがなく中高域がクリアーなバランスのいい音の再現が可能になったという。

イヤホン 電池収納部
上が700番台の機種に付属する“ダブルドライブインサイドホン”、低域用と中高域用の2種類のドライバーユニットを内蔵している電池収納部。700番台はリチウムイオン充電池、300番台はハーフガムタイプのニッケル水素充電池を採用。ともに交換できる

下位のSV-SD350V/SD300は、漢字対応の4行表示モノクロ液晶ディスプレーを装備。バッテリーは同社MDプレーヤーなどで使用されているハーフガムタイプの角型ニッケル水素充電池(HHF-AZ10S/1H)。付属バッテリーで約23時間。SV-SD300に付属する乾電池ケースを併用した場合約94時間の連続再生ができる。付属イヤホンは従来製品と同じシングルユニットタイプで、本体カラーはホワイト、ピンク、ブルー、シルバーの4色が選べる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART