このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【COMPUTEX TAIPEI 2005 Vol.7】ATIはマルチグラフィックスプロセッサープラットフォーム“CrossFire”をデモ! マザーボードも展示中

2005年06月03日 21時52分更新

文● 編集部 小板謙次

カナダATIテクノロジーズ社は、会場近くのGrand Hyatt Taipeiにショールームを設け、同社の新製品を展示している。入り口付近の壁にずらりと並べられているのは、5月30日に同社が発表した“CrossFire”に対応したマザーボードだ。

Grand Hyatt Taipeiの1階ショールームに展示されているマザーボード
Grand Hyatt Taipeiの1階ショールームに展示されているマザーボード

“CrossFire”は、いわば米エヌビディア(NVIDIA)社のnForce 4 SLI対抗マルチグラフィックスププロセッサープラットフォームで、2枚のグラフィックスカード(『Radeon X850 CrossFire Edition』/『Radeon X800 CrossFire Edition』搭載)と“CrossFire”対応マザーボードの組み合わせで利用する(2枚のビデオカードのうち1枚は従来のビデオカードが利用可能)。2枚のビデオカードの接続にはSLIアダプタは必要なく、ディスプレーケーブルの接続となる。Radeon X850 CrossFire Editionと組み合わせることができる従来のカードは、RADEON X850 XT Platinum Edition、RADEON X850 XT、RADEON X850 PRO。Radeon X800 CrossFire Edition組み合わせることができるのはRADEON X800 XT Platinum Edition、RADEON X800 XT、RADEON X800 XL、RADEON X800 PRO、RADEON X800となっている。

CrossFire”プラットフォーム。グラフィックスカードは、1枚は従来のモデルが使用可能だ CrossFire”プラットフォーム。グラフィックスカードは、1枚は従来のモデルが使用可能だ
“CrossFire”プラットフォーム。グラフィックスカードは、1枚は従来のモデルが使用可能だ
2枚のカード 1枚は従来のカードで、接続はディスプレーケーブル
SLIアダプタは必要なく、ディスプレーケーブルの接続

マザーボード側はというと、チップセットは『ATI Radeon Xpress 200』、インテルプラットフォームにはNorth BridgeにRD400を、AMDプラットフォームにはRD480を搭載し、South BridgeはIXP400/450となる。2本のPCI Express x16スロットが必要だが、CrossFire Editionのカードはマスター側に挿す必要がある。

SAPPHIRE製マザー
白い基盤を採用していたSAPPHIRE製マザーボード

シュールームではインテル、AMDの両プラットフォームでデモを行なっていた。そのデモを前にしながら、同社のスタッフは“CrossFire”のスーパータイリングモードについてアピールした。「(スーパータイリングモードは)3Dの描画をする際に画面自体をブロックに分割していく。その分割先で、3Dの要素の細部をうまく重ねあわせるんです。実際にデモ画面の大きさのブロックかどうかはわかりませんが、すべてのブロックを交互に組み合わせていく。つまり、場所をわけて描画部分を分担し、最後きれいに同期させるんです。まさに負荷分散が均等化され、本当に2枚のグラフィックスカードをフルに使っているのに近い」。実際にはタイルごとに描画を分担しても、3Dの重たい部分と軽い部分があるのでそれぞれのカードが50%を負担するということにはならないが、それに近い形にはなると話す。

スーパータイリングモード
スーパータイリングモード

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART