このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NEC、TV/音楽の視聴と連携できる上肢障害者向けパソコン操作支援ソフト『オペレートナビEX(Ver2.1)』を発売

2005年02月15日 19時07分更新

文● 編集部

日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)は15日、アプリケーションを操作するためのオンスクリーンキーボードや、文字の読み上げ機能を強化した上肢障害者向けパソコン操作支援ソフト『オペレートナビEX(Ver2.1)』の販売を同日付けで開始したと発表した。価格は6万2790円。出荷開始は28日。バージョンアップ版も用意されており、価格は1万395円。

画面イメージ
『オペレートナビEX(Ver2.1)』

『オペレートナビEX』は、上肢障害者がキーボードやマウスの代わりに、画面上に表示されるオンスクリーンキーボードとタッチスイッチや呼気スイッチなどを利用してパソコンやアプリケーションの操作を行なうためのソフト。最新版ではTV/音楽の視聴ソフトの操作を行なうためのオンスクリーンキーボードを37枚用意し、Windows Media Player 9/10やTV視聴ソフト『SmartVision』など14種類のアプリケーションに対応したほか、拡大表示した文章をまるごと音声エンジンに送り、1文を通して読み上げることで聞き取りやすさを向上させたのが特徴。読み上げ音量を細かく設定できるという。また、語句補完機能も強化されており、過去に入力した語句を基に、先頭の数文字が入力されると、その文字で始まる語句を候補として表示する機能が、ATOKとIME2000/98だけでなくIME2003/2002にも対応。

対応機種はPentium II-400MHz相当以上を搭載したモデルで、対応OSはWindows XP/2000 Professional/Me/98 SE/98。

同社では、体験版ソフトの無償ダウンロード提供も28日に開始するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART