このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

カノープス、ハードウェアMPEG-2エンコーダー搭載TVチューナーカード『MTVX2005』など6製品を発表

2005年02月09日 23時06分更新

文● 編集部 内田泰仁

カノープス(株)は9日、ハードウェアMPEG-2エンコーダー搭載TVチューナーカード『MTVX2005』、USB 2.0接続外付け型のハードウェアMPEG-2エンコーダー搭載TVチューナーユニット『MTVX2005USB』、D4映像出力が可能なビデオカード『MTVGA 9550L』、ハードウェアMPEGエンコーダーカード『Ultra Encoder X2000』、任天堂(株)の携帯型ゲーム機『ゲームボーイアドバンスSP』『ニンテンドー DS』上で再生可能な動画ファイルを作成するソフトウェア『かんたん換太郎 for Nintendo』および『ゲームボーイアドバンスSP』『ニンテンドー DS』用のAVデータ再生キットとのセットモデル『かんたん換太郎 for Nintendo プレイやんセット』の6製品を発表した。

『MTVX2005』

『MTVX2005』は、2004年2月発売の『MTVX2004』の後継となる、同社PCI接続TVチューナーカードのスタンダードモデルと位置付けられた製品。前モデルと同様にソニー(株)製のTVチューナーを搭載するが、MPEG-2エンコーダーは日本電気(株)製のものに変更され、3次元Y/C分離や3次元デジタルノイズリダクション、ゴーストリダクション、10bit A/Dコンバーターといった前モデルからの高画質化機能に、横方向のブレを補正し安定した映像にするタイムベースコレクター(TBC)が新たに追加されている。

付属のTV視聴/録画ソフトは、2004年12月発売の『FEATHER2005 Premium Edition』のバンドル版『FEATHER2005』。ネットワークを経由したTV視聴/遠隔操作が特徴のひとつで、『MTVX2005』の製品パッケージには、『MTVX2005』を接続したパソコン用の“ライセンス1”、ネットワーククライアントとなるパソコン用の“ライセンス2”という2種類のソフトウェア使用ライセンスが付属する。ライセンスによる主な機能の違いは以下のとおり。

ライセンス1
TVチューナーのコントロール、録画したファイルの再生、録画したファイルを使ったDVD作成、静止画ファイルの表示/印刷、静止画ファイルを利用したスライドショーDVDの作成、音楽ファイルの再生、音楽CDからのリッピング、音楽CD作成、DVD-Videoの再生、音楽CDの再生
ライセンス2
TVチューナーのコントロール、録画したファイルの再生、静止画ファイルの表示/印刷、音楽ファイルの再生

このほか、複数の『MTVX2005』を1台のパソコンに搭載することによる“裏番組録画”や、リモコン(オプションの『CRM2005』をサポート)、ハイビジョンテレビへの出力(同社ビデオカード“MTVGA”シリーズとの連携機能)に対応する。

入出力端子は、Sビデオ入力/コンポジットビデオ入力/アンテナ入力/ステレオオーディオ入力/ステレオオーディオ出力。カードサイズは幅144×高さ107mm。付属ソフトは、前述の『FEATHER2005』と、DVD作成ソフト『NeroVision Express』『Nero Record2』『Nero ShowTime』。

価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は2万円弱。発売時期は2月下旬。

『MTVX2005USB』

『MTVX2005USB』は、2004年9月発売の『MTVX2004USB』の後継製品。TVチューナーは『MTVX2005』と同じくソニー製で、MPEG-2エンコーダーは米コネクサント・システムズ(Conexant Systems)社製。外観デザインは前モデルから大きな変更はなく、サイズは幅20×奥行き115×高さ95mm(台座含まず)、重量は約230g(本体のみ)。高画質化機能としては、従来と同様に3次元Y/C分離、3次元デジタルノイズリダクション、ゴーストリダクションを備える。

付属ソフトは、TV視聴/録画ソフト『FEATHER2005』(『MTVX2005』と同じく2ライセンス付属)と、DVD作成ソフト『NeroVision Express』『Nero Record2』『Nero ShowTime』。複数台『MTVX2005USB』を接続して行なう“裏番組録画”、オプションのリモコン『CRM2005』のサポートは『MTVX2005』と同様。入出力端子は、Sビデオ入力/コンポジットビデオ入力/アンテナ入力/ステレオオーディオ入力/USB 2.0。

価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は2万円弱。発売時期は3月上旬。

なお、この日発表された『MTVX2005』および『MTVX2005USB』はいずれも、Sビデオ入力/コンポジットビデオ入力端子に接続した外部チューナーを利用したデジタル放送(地上/BS/CS)の“コピーワンス”(CGMS-A規格のみサポート。このほかのコピープロテクトが施された映像は録画できない)番組の録画が可能。録画した“コピーワンス”番組は、録画したパソコンの『FEATHER2005』上でのみ再生可能だという。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART