このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

マクロメディア、ウェブアプリケーションサーバーの最新版『Macromedia ColdFusion MX 7日本語版』を発表

2005年02月09日 21時52分更新

文● 編集部

マクロメディア(株)は9日、『Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版』(コードネーム“Blackstone”)の販売を3月18日に開始すると発表した。価格は『Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版スタンダード版 2CPU』が16万8000円、『Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版エンタープライズ版』が126万円。

製品パッケージ『Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版』

『Macromedia ColdFusion MX 7 日本語版』は、ウェブアプリケーションを開発し、利用できるようにするアプリケーションサーバー。新機能として、数種類のタグだけでリッチFlashフォームを作成できるようになったほか、構造化されたビジネスレポートの生成機能や、ウェブコンテンツをランタイム時にPDFやMacromedia FlashPaper形式に変換し整形された状態で印刷可能とする印刷可能ドキュメントの動的生成機能などを搭載したのが特徴。さらに、ウェブアプリケーションだけでなく、携帯電話やインスタントメッセージングのクライアントから利用できるアプリケーションなどの開発も可能で、最新のものを含む各種プロトコルに対応できるなど、拡張性も高くなっている。

また、スタンドアロンのアプリケーションサーバーとしてだけでなく、各社の主要なJ2EEアプリケーションサーバー(米IBM社のWebSphere、米BEAシステムズ社のWebLogic、Macromedia JRunなど)の上で稼働させることも可能。“エンタープライズマネージャー”を利用して単一マシン上に複数のサーバーインスタンスを作成したり、クラスタリングしたりといったこともできるという。

必要なシステム条件は、Windowsの場合が、Windows Server 2003 Web Edition/Standard Edition/Enterprise Edition、Window 2000 Advanced Server/Datacenter server/Server(SP3以降)で、Linuxの場合が、Red Hat Enterprise Linux AS/ES 2.1/3.0、SUSE Linux Enterprise Server 8.x、Turbolinux 8 Server、UNIXの場合がSolaris 8/9/10、AIX 5L 5.1。プロセッサーには、WindowsとLinixではPentium II以上、UNIXではSPARC、PA-RISC 1.1/2.0、POWER3が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART