このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソーテック、15.4インチ液晶ディスプレー&TVチューナー搭載で13万9800円のノートパソコン『Afina AQ7220AR』など秋冬モデルを発売

2004年10月12日 00時00分更新

文● 編集部

(株)ソーテックは12日、2004年秋冬モデルとして、ノートパソコン“Afina AQ”2機種、“Afina AL”1機種、“WinBook WA”3機種、デスクトップパソコン“PC STATION”4機種、液晶ディスプレー2機種を発表した。Windows XP Home Edition SP2を搭載し、リカバリーCDを使わずに復旧するための『HDDリカバリツール』、パソコン買い替え時のデータ移動をサポートする『安心楽々引越しパック』などのソフトを搭載するのが特徴。従来モデルをスペックアップしてコストパフォーマンスを向上させたモデルとなる。同日付けで受注を開始する。

『Afina AQ7220M/AR』
『Afina AQ7220M/AR』

“Afina AQ”は、1280×800ドット/1619万色表示の15.4インチワイド液晶ディスプレーとDVDマルチドライブ(DVD-R書き込み2倍速/DVD-RW書き換え1倍速/DVD-RAM書き換え2倍速/DVD-ROM読み出し8倍速/CD-R書き込み16倍速/CD-RW書き換え12倍速/CD-ROM読み出し24倍速)を搭載したA4オールインワンノート。TVチューナーを内蔵した『Afina AQ7220AR』と搭載しない『Afina AQ7220M』の2機種をラインアップする。CPUはモバイルAthlon XP-M 2200+-1.667GHz、チップセットはグラフィックス機能を統合したカナダATIテクノロジーズ社のRADEON IGP 320M(ビデオメモリーはメインメモリーと共有で最大64MB)と台湾ALi社のM1535+、メモリーは256MB(PC2100 DDR SDRAM)、HDDは40GB(Ultra ATA/100)を内蔵する。インターフェースは、10/100BASE-TX、USB 2.0×3、IEEE 1394×1、Sビデオ出力、V.90対応56kbpsモデム、ヘッドホン/光デジタル(S/PDIF出力)兼用(丸型)などを装備し、拡張スロットはPCカード(Type II、CardBus対応)用を搭載。電源はリチウムイオンバッテリーで約2.7~3.2時間の駆動が可能(同社調べ)。

本体サイズは幅354×奥行き254×高さ37.6mm、重量は2.92kg。キーボードは90日本語キーボード(19mmピッチ/3.0mmストローク)で、ポインティングデバイスはタッチパッドを採用。ステレオスピーカーも内蔵する。OSにWindows XP Home Edition SP2をプレインストールするほか、アプリケーションとして、ビデオ編集ソフト『WinDVD Creator2 Gold for SOTEC』、ライティングソフト『Drag'n Drop CD+DVD3.5』、はがき作成ソフト『筆王 for SOTEC』、ラベル作成ソフト『かんたんラベル王 for SOTEC』、ホームページ作成ソフト『ホームページNinja 2003 for SOTEC』、画像管理ソフト『デジカメNinja 2003 for SOTEC』、グラフィックスソフト『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、地図ソフト『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、ウイルス対策ソフト『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する(『Afina AQ7220AR』にはTV録画/視聴/DVD再生ソフト『WinDVD Recorder for SOTEC』も付属しており、録画モードが普通で約0.9GB/時間、良で約1.7GB/時間、最良で約3.3GB/時間の録画が可能)。価格は『Afina AQ7220M』が13万4800円、『Afina AQ7220AR』が13万9800円。11月中旬に出荷の予定。

『Afina AL7190CB』
『Afina AL7190CB』

“Afina AL”は12.1インチ低温ポリシリコン液晶ディスプレー(1024×768ドット/約1619万色表示)を搭載したB5ノート。CPUにモバイルAthlon XP-M 1900+-1.467GHz、チップセットにグラフィックス機能を統合した台湾VIA Technologies社のProSavageDDR KN400+VT8235CE(ビデオメモリーは最大64MBをメインメモリーと共用)、メインメモリーは256MB(PC2100準拠DDR SDRAM)、HDDは30GB(Ultra ATA/100)、光ドライブはDVD&CD-R/RWコンボドライブ(CD-R書き込み24倍速/CD-RW書き換え24倍速/DVD-ROM読み出し8倍速/CD-ROM読み出し24倍速)を内蔵する。インターフェースは、USB 2.0×3、アナログRGB、10/100BASE-TX、V.90対応56kbpsモデムなどを搭載し、拡張スロットは、PCカード(Type II、CardBus対応)スロット、メモリーカードスロット(メモリースティック/SDメモリーカード/MMC対応)を装備する。バッテリーはリチウムイオンバッテリーを内蔵し、約2.8~3.2時間の駆動が可能(同社調べ)。本体サイズは幅283.4×奥行き251×高さ36.4mm(最薄部29.5mm)、重量は約2.00kg。キーボードは85日本語キー(ピッチ19.1mm、ストローク2.7mm)で、ポインティングデバイスにはタッチパッドを採用している。

OSにWindows XP Home Edition SP2をプレインストールするほか、アプリケーションとして、オフィスソフトOffice Personal Edition 2003(SP1適用済み)、DVDプレーヤーソフト『WinDVD 5 for SOTEC ドルビーバーチャル対応』、『Drag'n Drop CD+DVD3.5』、『筆王 for SOTEC』、『かんたんラベル王 for SOTEC』、『ホームページNinja 2003 for SOTEC』、『デジカメNinja 2003 for SOTEC』、『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する。価格は12万9800円。12月上旬に出荷の予定。

『WinBook WA2320C5』
『WinBook WA2320C5』

“WinBook WA”はCeleron M 320-1.30GHzを搭載したA4オールインワンノート。14.1インチXGAの“輝き液晶”ディスプレーを搭載した『WinBook WA2302C4』、オフィスソフトも搭載した『WinBook WA2302C4B』、15.0インチの輝き液晶ディスプレーを搭載した『WinBook WA2320C5』の3機種をラインアップする。チップセットはグラフィックス機能を統合したVIA PN800+VT8235で、メモリーは256MB(PC2700準拠DDR SDRAM)、HDDは30GB(Ultra ATA/100)、DVD-ROM&CD-R/RWドライブを搭載する。インターフェースは、USB 2.0×3、IEEE 1394(4ピン、DVポート)、V.90対応56kbpsモデムなどを装備し、拡張スロットはPCカード(Type II、CardBus対応)×2を搭載する。本体サイズは幅326×奥行き268×高さ35mm(突起物含まず)、重量は約2.98kg。電源はリチウムイオンバッテリーで、約3.6~4.0時間の駆動が可能。OSにWindows XP Home Edition SP2をプレインストールするほか、アプリケーションとして、『WinDVD 5 for SOTEC ドルビーバーチャル対応』、『Drag'n Drop CD+DVD3.5』、『筆王 for SOTEC』、『かんたんラベル王 for SOTEC』、『ホームページNinja 2003 for SOTEC』、『デジカメNinja 2003 for SOTEC』、『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する。『WinBook WA2302C4B』にはOffice Personal Edition 2003(SP1適用済み)もプレインストールされる。『WinBook WA2320C5』液晶ディスプレーのサイズを15.0インチXGAに変更した機種。価格は『WinBook WA2302C4』が11万9800円、『WinBook WA2302C4B』が13万4800円、『WinBook WA2320C5』が12万4800円。10月22日に出荷開始の予定。

『PC STATION PV7220C』
『PC STATION PV7220C』

デスクトップパソコン“PC STATION”には、バリューモデルとして、AMD Sempron 2200+-1.50GHzを搭載した『PC STATION PV7220C』、Sempron 2800+-2.0GHzを搭載した『PC STATION PV7280CB』、TVチューナーを搭載した『PC STATION PV7280AR』、TVチューナーと“DVDスーパーマルチドライブ”(DVDマルチプラスドライブ)を搭載した『PC STATION PV7280ARB』の4製品をラインアップするほか、同時に発表された15インチ液晶ディスプレーや17インチ液晶ディスプレーとのセットモデルもラインアップする。

チップセットにはVIA UniChrome KM400を採用し、メモリーは256MB(PC2700対応)を搭載する。インターフェースは、USB 2.0×6、光デジタル(S/PDIF)出力(角型)、10/100BSE-TX、パラレル、PS/2×2などを装備する。拡張スロットはPCI×3、AGP(Low Profile)×1で、メモリカードリーダー/ライター(メモリースティック(PRO)/SDメモリーカード/MMC/スマートメディア/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ対応)も搭載している。本体にはスリムタイプの筐体を採用しており、サイズは幅108×奥行き401×高さ353mm、重量は約9.3kg。PS/2接続のスクロール機能付き光学式マウスと104日本語キーボード(ワンタッチボタン付き)が標準で付属する。OSにWindows XP Home Edition SP2をプレインストールし、『Drag'n Drop CD+DVD3.5』、『筆王 for SOTEC』、『かんたんラベル王 for SOTEC』、『ホームページNinja 2003 for SOTEC』、『デジカメNinja 2003 for SOTEC』、『The Graphics [ドロー]for SOTEC』、『Super Mapple Digital Ver.5 for SOTEC』、『マカフィー・ウイルススキャン』などが付属する。

『PC STATION PV7220C』と『PC STATION PV7280CB』は80GBのHDD(Ultra ATA/100)、DVD-ROM&CD-R/RWコンボドライブ(DVD-ROM読み出し16倍速/CD-R書き込み48倍速/CD-RW書き換え32倍速/CD-ROM読み出し48倍速)を搭載する。『PC STATION PV7280AR』と『PC STATION PV7280ARB』は、HDDを160GBに、光ドライブをDVDマルチプラスドライブ(DVD-RAM書き換え3倍速/DVD±R書き込み8倍速/DVD-R書き換え8倍速/DVD+RW書き換え4倍速/CD-R書き込み24倍速/CD-RW書き換え16倍速/DVD-ROM読み出し12倍速/CD-ROM読み出し32倍速)に変更し、TVチューナー(Sビデオ入力付き)をPCIスロットに搭載したモデルとなる。TV視聴ソフト『WinDVR3 for SOTEC』と『WinDVD Creator2 Gold for SOTEC』も付属する。また、『PC STATION PV7280CB』と『PC STATION PV7280ARB』にはOffice Personal Edition 2003(SP1適用済み)もプレインストールされる。価格は、『PC STATION PV7220C』が5万9800円、『PC STATION PV7280CB』が7万9800円、『PC STATION PV7280AR』が7万9800円、『PC STATION PV7280ARB』が9万9800円。出荷開始は10月22日。

同時発売の液晶ディスプレーは、15インチモデルが『LF15PR-01』で1024×768ドット/約1619万色表示に対応し、17インチモデルが『LF17PR-01』で1280×1024ドット/約1619万色表示に対応。前面にはガラス製パネルを搭載しているという。本体サイズと重量は、15インチモデルが幅343×奥行き130×高さ350mm、重量は約3.5kg、17インチモデルが幅380×奥行き156×高さ391mm、重量は約5.5kg。消費電力は、15インチモデルが最大30W、17インチモデルが最大50Wで、待機時はともに5W以下。

『PC STATION PV7220C/L7PR』
『PC STATION PV7220C/L7PR』

価格は、『PC STATION PV7220C』と『LF15PR-01』のセット『PC STATION PV7220C/L5PR』が9万9800円、『LF17PR-01』とのセット『PC STATION PV7220C/L7PR』が10万9800円、『PC STATION PV7280CB』と『LF15PR-01』のセット『PC STATION PV7280CB/L5PR』が11万9800円、『PC STATION PV7280CB』と『LF17PR-01』のセット『PC STATION PV7280CB/L7PR』が12万9800円。『PC STATION PV7280AR』と『PC STATION PV7280ARB』は『LF17PR-01』とのセットのみとなり、価格は『PC STATION PV7280AR/L7PR』が12万9800円、『PC STATION PV7280ARB/L7PR』が14万9800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART