このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日立、Net MD対応ドライブ搭載モデルを加えた“Prius C シリーズ”と、省スペース設計のプリンター“PriusJet”を発表

2002年05月15日 12時01分更新

文● 編集部 田口敏之

日立製作所(株)は15日、コンシューマー向けパソコン“Prius(プリウス) Cシリーズ”を発表した。デスクトップ型は『Prius Deck 770C』と、Net MDに対応したMDドライブを搭載する『Prius Deck 570C』の2機種5モデル。ノート型は『Prius Note C』1機種3モデル。25日に販売を開始する。併せて同社は、レックスマークインターナショナル(株)とプリンターの販売契約を結び、Priusシリーズのオプションとして、日立とレックスマークによる共同ブランドで、省スペース設計のインクジェットプリンター“PriusJet”『LEXMARK-3』を、5月下旬に発売すると発表した。

DVD-RAM/R&CD-R/RWのダブルドライブを搭載した『Prius Deck 770C』

テレビチューナーを搭載するフラッグシップモデル『Prius Deck 770C』は、『770C5SVP』と『770C5SVA』の2モデルを用意している。今回のモデルより、搭載するハードウェアMPEG-2リアルタイムエンコーダー付きテレビチューナーカードの基板上のチップ配列などを改良し、録画時に発生していたノイズの軽減を図っている。価格はオープン(編集部による予想価格は、770C5SVPが32万円前後で、770CSVAが28万円前後)。

Prius Deck 770C
『Prius Deck 770C』シリーズ

770C5SVPは、CPUにPentium 4-1.7GHzを搭載。メモリーは512MB DDR SDRAM、80GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載し、最大約40時間のTV録画が可能。チップセットはSiS650を採用している。また、770C5SVAは、CPUにAthlon XP 1600+-1.4GHzを搭載。メモリーは512MB DDR SDRAM、60GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載し、最大約30時間のTV録画が可能。チップセットはSiS750を採用している。両モデルとも、グラフィックスコントローラーはチップセット内蔵のものを利用し、ビデオメモリーはメインメモリーと共用で16MBとなっている。

両モデルとも、光ディスクドライブとしてDVD-RAM/RドライブとCD-R/RWドライブの2台を搭載する。書き込み/読み込み速度は以下の通り。DVD-RAM/Rドライブが、DVD-RAM読み込み/書き込み2倍速、DVD-R書き込み1倍速、CD-ROM読み込み24倍速、CD-RW読み込み最大12倍速、DVD-ROM読み込み最大6倍速、CD-R/RWドライブは、CD-R書き込み最大32倍速、CD-RW書き込み10倍速、CD-ROM/R読み込み40倍速、CD-RW読み込み最大32倍速となっている。CD-R/RWドライブには、書き込みエラーを防止する“Buffer-under-run Proof機能”を搭載している。

このほか、USB 1.1×7(前面×2、背面×3、ディスプレー×2(※1))、IEEE1394×2(前面×1、背面×1)、PCカードスロット(Type II×2、Type III×3)、10/100BASE-TX、56kbpsモデム(V.90対応)、光オーディオアウト端子などを備えている。本体には、TVチャンネルやCD/DVDのトラック、音量などを操作できるリモコンが付属する。

※1 パソコン本体にUSB 1.1×5を備え、付属するディスプレーにUSB 1.1×2。本体のUSB端子のうち1端子を、ディスプレーのUSB Hub用に使用する

OSはWindows XP Personal。付属ソフトは、Office XP Personalのほか、TV放送をMPEG-2で録画できるTV視聴/録画ソフト『Prius Navigation』、(株)ジャストシステムの映像編集ソフト『MegaVi DV2』、米MedioStream社のDVD-Videoオーサリングソフト『neoDVD standard』などを搭載している。neoDVD standardは、DVカメラに録画した映像から、直接DVDディスクに記録を行なえる機能を備えている。また、(株)アイラテが運営する遠隔録画予約サービスから、TV番組の予約録画を行なえるソフト『resermail』も搭載しており、外出時でも別のパソコンや携帯電話を利用して、TV番組の録画予約を行なえる。このほか、イージーシステムズジャパン(株)と(株)デジオンのCDライティングソフト『Drag'n Drop CD』を利用して、DVD-Rにパソコンのデータを保存できるようになった。

本体サイズは幅133×奥行き339×高さ367mmで、重量は770C5SVPが9.3kg、770C5SVAが9.2kg。最大消費電力は、770C5SVPが144Wで、770C5SVAが147Wとなっている。

770Cに付属する15インチTFTカラー液晶ディスプレーは、1024×768ドット1677万色表示が可能。コントラスト比は300対1、輝度は200cd/m2、視野角は上下左右とも170度の“スーパーピュアカラー”液晶で、液晶部の保護を兼ね、艶やかな映像を表示するというアクリル板“ラスターパネル”を備えている(取り外し可能)。ディスプレーとパソコン本体は、DVIと音声、およびUSBを1本にまとめた専用ケーブルで接続する。本体サイズは幅454×奥行き377×高さ190mmで、重さは約5.1kg。最大消費電力は約42Wとなっている。

Net MD対応MDドライブ搭載モデルをラインアップに加えた『Prius Deck 570C』

スタンダードモデルの『Prius Deck 570C』は、今回、Net MD対応MDドライブ搭載モデル『570C5SYA』をラインアップに加え、DVD-ROMドライブとCD-R/RWドライブの2台を搭載する『570C5SWP』と『570C5SWD』の3モデル構成となっている。価格はオープン(編集部による予想価格は、570C5SYAが26万円前後、570C5SWPが25万円前後、570C5SWDが22万円前後)。

Net MD対応MDドライブを搭載した『Prius Deck 570C5SYA』
Net MD対応MDドライブを搭載した『Prius Deck 570C5SYA』

570C5SYAは、CPUにAthlon XP 1600+-1.4GHzを採用している。256MB DDR SDRAMと、60GB HDD(Ultra ATA/100)を搭載するほか、Net MD対応MDドライブと、DVD-ROM/CD-RWコンボドライブの2台を装備する。チップセットはSiS740を採用している。コンボドライブの書き込み/読み込み速度は、DVD-ROM読み込み12倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き込み10倍速、CD-ROM/R読み込み40倍速、CD-RW読み込み32倍速。Net MDに対応したジャストシステムのデジタルオーディオソフト『BeatJam for Hitachi』を搭載する。

『Prius Deck 570C5SWP』『同 570C5SWD』(デザインは同じ)
『Prius Deck 570C5SWP』『同 570C5SWD』(デザインは同じ)

570C5SWPは、CPUにPentium 4-1.7GHzを採用している。256MB DDR SDRAMと、80GB HDD(Ultra ATA/100)を搭載する。チップセットはSiS650を採用している。DVD-ROMドライブの読み込み速度は、DVD-ROM読み込み16倍速、DVD-RAM読み込み2倍速、CD-ROM読み込み40倍速。CD-R/RWドライブの書き込み/読み込み速度は、CD-R書き込み32倍速、CD-RW書き込み10倍速、CD-ROM/R読み込み40倍速、CD-RW読み込み32倍速。書き込みエラーを防止する機能“Buffer-under-run Proof機能”を搭載している。

570C5SWDは、CPUにDuron-1.1GHzを採用している。256MB DDR SDRAMと、60GB HDD(Ultra ATA/100)を搭載する。チップセットはSiS740を採用している。DVD-ROMドライブと、CD-R/RWドライブは、570C5SWPと同じものを搭載している。3モデルとも、グラフィックスコントローラーはチップセット内蔵のものを利用する。ビデオメモリーは、メインメモリーと共用で16MBとなっている。

このほか、IEEE1394×2(前面×1、背面×1)、USB 1.1×7(前面×2、背面×3、ディスプレー×2(※2))、PCカードスロット(Type II×2、Type III×3)、10/100BASE-TX、56kbpsモデム(V.90対応)、光オーディオアウト端子などを備えている。

本体サイズは3モデル共通で、幅105×奥行き339×高さ367mm。重さは、570C5SYAが約8.6kg、570C5SWPと570C5SWDが約8.9kg。最大消費電力は、570C5SYAが138W、570C5SWPが144W、570C5SWDが134Wとなっている。

付属ディスプレーは、770Cに付属する15インチTFTカラー液晶ディスプレーと同じもの。

OSはWindows XP Personal。MDドライブを搭載しない570C5SWPと570C5SWDには、Office XPが付属する。このほか全モデルに、ジャストシステムのDV映像編集ソフト『MegaVi DigitalVideo/R.2』などが付属している。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

11/25(土)はジサトラ出張in沖縄

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン