このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

BDレコと同等の録画機能を実装

VHSテープも簡単にDVDにできる! 3in1「DIGA」レビュー

2009年01月28日 14時42分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VHS一体型のハイビジョンレコーダーの実力は?
VHS一体型のハイビジョンレコーダーの実力は?

 世の中はBlu-rayディスクレコーダーが大流行らしいが、これまでのVHSテープが消えた訳ではない。素敵な思い出とともに貴方の家の押し入れなどに眠っているはずだ。これらをどうにかデジタル化できないものだろうか……。

 先日紹介した「ブルーレイDIGA」(関連記事)と同時に、DVD搭載の「ハイビジョンDIGA」にも新モデルが登場した。その中には250GB HDDと記録型DVD-R/RW/RAMドライブ、VHSデッキを内蔵した3in1モデル「DMR-XP25V」(2月1日発売予定 実売価格9万9800円前後)が含まれている。

 DMR-XP25Vはデジタル3波対応のシングルチューナーを内蔵したハイビジョンレコーダー。VHSを除けば低価格モデルの「DMR-XP15」と同じスペックであり、DIGAラインアップの中ではエントリー機種の部類に入る。

「DMR-XP25V」。
「DMR-XP25V」。本体サイズは幅430×奥行き345×高さ93mmと、DIGAラインナップの中ではかなり大きめ

 これまでVHS一体型にはあまりフォーカスを当ててこなかったが、果たしてその実力はどうなのか検証してみたい。

 なお、本記事は製品前の試作機で試した結果をレポートしており、製品機では仕様などが異なる可能性もある。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン