このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows 7では設定も簡単に? UACを賢く使いこなせ

2009年01月20日 17時14分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ユーザーアカウント制御
Vistaを操作していると頻繁に出るこの画面「UAC」の警告ダイアログ。細かく設定して使い勝手を向上してみよう

 Windows Vistaを使っている人が、最初に戸惑ったのは「ユーザーアカウント制御」(UAC、User Account Control、関連記事)ではないだろか?

管理者アカウントでのUACダイアログ 標準ユーザーアカウントでのUACダイアログ
管理者アカウントでのUACダイアログ(左)と、標準ユーザーアカウントでの同表示。標準ユーザーでは、管理者アカウントのパスワード入力を求められる

 UACはシステム設定や管理者アカウントを必要とする操作を行なう際に、承認を要求する機能だ。ユーザーのアカウント(権利・権限)を制限して、不用意な設定変更によるトラブルや、マルウェアの感染などを防ぐことを目的としている。

 しかし、頻繁な承認画面の表示によるわずらわしさや、UACの存在を考慮していないソフトウェアでの不具合といった問題もあり、パソコンに習熟したユーザーでは、オフにされてしまう場合も少なくない。

 UACをオフにするのは簡単だが(関連記事参照)、実はUACの動作は、ユーザーが細かく設定できることをご存じだろうか? 今回はその方法を紹介しよう。


UACの詳細設定の手順

 まず下記の手順で、設定ツールである「ローカルセキュリティポリシー」を起動する。

ローカルセキュリティポリシー Windows Vistaの各種セキュリティー設定を行なう「ローカルセキュリティポリシー」。UACの詳細な動作は、ここで設定できる
  • コントロールパネル
  •   ↓
  • 管理ツール
  •   ↓
  • ローカルセキュリティポリシー

 このツールは、ツリー形式で設定項目がまとめられている。UACの設定は下記にある。

  • ローカルポリシー
  •   ↓
  • セキュリティオプション
  •   ↓
  • 「ユーザーアカウント制御:~」で始まる項目

 ここには10項目がある。例えば、下から2番目の「昇格のプロンプト時にセキュリティで保護されたデスクトップに切り替える」(初期設定では有効)は、UACの警告ダイアログが表示されたときの挙動を指定するものだ。これを「無効」にすると、警告ダイアログ表示の際にデスクトップ画面表示が暗転せず、表示中もほかのアプリケーションやWindowsの操作が可能になる。

この項目を無効にするとロックされない ほかのアプリケーションも自由に操作できる
この項目を無効にすると、UAC動作時にデスクトップ画面が暗転・ロックされない無効にした状態の見本。中央にUACの警告ダイアログが表示されているが、画面は暗転しておらず、ほかのアプリケーションも自由に操作できる

 また、「管理者承認モードですべての管理者を実行する」(初期設定では有効)を無効にしてしまうと、管理者の操作は無条件に承認されるので、UACの警告ダイアログ自体が表示されなくなる。そのほかにも、「アプリケーションのインストールを検出し~」が有効の場合、インストール時の承認が1回で済むなど、ユーザーの手間が省ける(関連記事2)。

インストール時のUAC自動昇格 SP1で強化されたインストール時のUAC自動昇格。これが有効だとインストールが終了するまで、1回の承認で処理できる

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART