このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

競合がマネできない「ウイルスバスター2009」ならではの能力って何?

「あちらとは違うんです」トレンドマイクロに聞いたウラ話

2008年09月10日 21時45分更新

文● 盛田 諒/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ウイルスバスター2009」を手にしたトレンドマイクロ取締役の大三川彰彦氏と、CMに起用されたモデルの仲間リサさん。赤パッケージは通常の1年版、白パッケージは年間100万円までの被害補償や電話でのサポートなどが受けられる「保険PCサポート」付属版

今年のトレンドは「パスワード保護」と「使用メモリー減」

 秋風とともにセキュリティーソフト更新版の季節がやってきた。10日、日比谷の帝国ホテルで発表されたのはトレンドマイクロの「ウイルスバスター2009」。ダウンロード版は10日、パッケージ版は19日に発売される。価格は従来同様、1年版が5980円だ。

 今回のメインとなる更新点は「パスワード保護」と「使用メモリー減」の2つだ。

ウイルスバスター2009

 まず「パスワード保護」は、Windows Liveメールなどのウェブサイトでパスワードを入力すると同時に暗号化する「キー入力暗号化機能」というもの(ただし対応ブラウザーはInternet Explorer 6および7のみ)。

 続いての「使用メモリー減」は、2007年発売の従来製品に比べて45%のメモリー使用量減を実現しているというものだ。

 このほかにもメッセンジャーソフトのIM(インスタントメッセージ)やウェブメール経由でのウイルス感染防止などの機能が強化され、ユーザーの利用シーンに合わせた万全のセキュリティーを実現できるとしている。

 しかし時期が時期だけに、競合のソフトもめじろ押しだ。つい先日も、更新料無料のセキュリティーソフトをUSBメモリーに収録するという「離れワザ」を披露するメーカーがあらわれたばかり(詳しくはこちら)。ウイルスという見えない脅威を扱うソフトだからこそ、買う側としては「価格以外にそんなに何か違うの?」ということを知りたいところだ。

 そこでさっそく今回の製品について、そしてセキュリティーの現在についてトレンドマイクロに話を聞いてきた。

各製品の予想実売価格
ウイルスバスター2009 1年版 5980円
ウイルスバスター2009 6ユーザパック 9800円
ウイルスバスター2009+保険PCサポート 1年版 7980円
ウイルスバスター2009+保険PCサポート 3年版 1万6980円
ウイルスバスター2009ダウンロード 1年版 4980円
ウイルスバスター2009ダウンロード 2年版 8980円
ウイルスバスター2009ダウンロード 3年版 1万1800円
ウイルスバスター2009 6ユーザパック ダウンロード版 8980円
ウイルスバスター2009+保険PCサポート ダウンロード 1年版 6980円
ウイルスバスター2009+保険PCサポート ダウンロード 2年版 1万1900円
ウイルスバスター2009+保険PCサポート ダウンロード 3年版 1万5980円

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン