このページの本文へ

2社合同、夏の特別企画(後編)

萌えは「薄めたカ○ピス」だ──ASCII×ITmedia対談

2008年07月31日 11時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「萌え」と「カ○ピス」の意外な共通点


 先に紹介したとおり、アニメファンやアキバ系にもさまざまな専門分野がある。流行語にもなった「萌え」は、それぞれのジャンルで「萌え」方も違い、萌えのダイナミックレンジは広がりつつある。

 そもそも「萌え」は、キャラクターが好きという意味で使われていたが、現在はキャラだけでなく「パンチラ」や「絶対領域」と言った部分萌えにも使われる。

絶対領域 ミニスカートとオーバーニーソックスの間から見える素肌のモモのこと

 極論すると現在の「萌え」は、かなりエロに寄った意味も含んできた。がっ! ここが重要!


 バリバリなエロは「萌え」じゃない。


 この一線は守られている。

 もちろんマニアの中には、バリバリのエロエロが好きなヒトもいるのは事実。とはいえ、女の子のまったく登場しないアニメや漫画、ましてや美少女ゲーに萌えはない。言ってみれば……


 これはまさにカ○ピスである!


 さすがに原液のカ○ピスを好むヒトはいないと思うが、かなり濃い味を好むヒトがいるのは事実。多くのヒトは、コンビニで売っているペットボトルのカ○ピスがいちばん美味しいと感じるだろう。でもあれって、その場は美味しいんだけど、後味がズーッと残ってかえってのどが渇いたりする。いちばん美味しいのは、ちょっと薄めのカ○ピスなのだ。

 ソレを図にするとこんな感じ。

萌えとカ○ピスの共通点
萌えとカ○ピスの意外な共通点。ちょっと薄めがいちばんイイ!

 ちょっと濃いめなペットボトルのカ○ピスは、ちょうどライトエロのあたりだ。パンチラや水着で下乳が見える程度って感じ。ちょうど深夜枠で放送コードギリギリのアニメのお色気、萌えの限界だ。それ以上の場合は、「萌え」ではなく「萌エロ」と区別されることもある。

 パンチラ上等! ウェルカム・パンチラ!って人も、1話に何回も何十回もパンチラがあると、食傷気味になって、ときには制作サイドのあざとさを感じてしまうだろう。何よりパンチラはチラだからいいので、あまりにインフレだと、1パンチラあたりの価値が下がる!

 それはまるでひと口、ひと口のノド越しは濃くてうまいのだが、後味がズーッと残るペットボトルのカ○ピスのようだ。

 最も好まれるのはライトエロとノンエロの中間だ。家で飲む薄めのカ○ピスと同じ! アキが来ず後味もスッキリ。多くの深夜アニメは、大体この辺りの萌えを狙っており、全13話のうち第6話だけに温泉のエピソードを持ってきたり、よーく見ると1/12秒のコマにパンチラがあったり、カメラ視線では見えないがアッチから見たらモロだよな?的な、軽いエロ要素を入れている。

 ノンエロからピュア層にかけては、従来どおりキャラクターの性格や仕草、語尾が重要。エロ成分はなくても、萌えは成立する

 その代表格が、出会ったときはツンツンだが、後に自分にデレデレに惚れてくれる「ツンデレ」の女の子だ。従順な妹系のキャラクターや、語尾のすべてが「なの〜♪」や「りゅん♪」(実際に居たらかなりドン引きだが……)という女の子も該当する。これらはちょうどコンシューマーゲーム機の恋愛シミュレーションや、チビッ子も見る時間帯のアニメのキャラクターである。

 ただカ○ピスもあまりに薄くしてしまうと、水と変わらなくなり美味しくもない。ピュアから女の子の登場しない作品は、もはや萌えにあらず。「萎え」とジャンル分けされるのだ。

 ちなみに熱血男子の生き様を綴るようなアニメは「燃えアニメ」として区分される。

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン