このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カット#01 レイヤーさんは黒くて大きいのがお好き♪

2008年07月24日 20時00分更新

文● 藤山哲人 / 撮影● 小林 伸 / モデル● 乾 曜子(ディスカバリー・エンタテインメント) / ヘアメイク● 平山良枝(エレファントチョップ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  いよいよワンフェス、コミケの夏が来た!これらのイベントでは、各種物販もさることながら、コスプレなどでも盛り上がる。ということで、藤山哲人流のコスプレ撮影講座を5回に渡ってお送りする。なお、藤山流ということで、氏独自のやり方も多々あるがそこはご承知おき頂きたい。



 女の子は黒くて大きく太いのが大好きだ。

 もちろん、コミケなどにいるレイヤー(コスプレイヤーの短縮形)さんも一緒。まぁ会場には、男レイヤーもいるけれど、視界に入っても撮影することはないので、

 この特集ではレイヤーさん=女の子とする!

 そう!軽薄短小は女の子に「ふっ、これだからボウヤは……」と蔑まされた目で見られてしまう。ソッチ系の趣味の人はソレでもいいんだが、それじゃぁ男としてイカーーーン!
 キミのモノは、デカくて黒くて太いか!?
 もしそうじゃない場合は、速攻でこの記事に目を通して、自分の「逸品」を強化してから、レイヤーさんを撮影しに行こう!
 さらば!軽薄短小! もう坊やとは呼ばせないっ!
 ええ――。
 デジカメの話ですが何か?

加齢臭漂うコンパクトデジカメは×

 ムーアの法則のように年々、機能と画質が進化し続けるデジタルカメラ。コンパクトで高倍率ズームも搭載し、デジタル一眼レフにも負けない解像度で撮影できる機種もある。

デジカメ豆知識:ムーアの法則

 CPUでおなじみインテル社を創業したひとりゴードン・ムーアが提唱した経験値から見た法則。「集積回路(ICやLSIなどの半導体)におけるトランジスタの集積密度は18~24ヶ月ごとに倍になる」というもの。1つの半導体にたくさんのトランジスタを集積できれば、より高速かつ複雑な処理ができ高機能化が進む。メモリーなら同じサイズで、どんどん大容量化されることを予見した。  「風が吹けば桶屋が儲かる」より信頼性の高い法則。

 とはいえ所詮、コンパクトデジカメはコンパクトデジカメでしかない! なぜなら、撮影スタイルが華麗なまでにカッコ悪いのだ!

はたから視線で レイヤーさん視線で
脇が甘く、液晶ファインダーを凝視する姿が、たまらなく親父臭い!

 駄目だ!絶望的にレイヤーさんにモテないっ!コレではっ!

 多少の演出は入っているものの、これじゃ半径5m以内に加齢臭を撒き散らかしているようなモン。これじゃぁまるで、子供の運動会を撮影するのに必死なオヤジじゃネーかっ!
 カメラはファインダーを覗かないと、めっちゃカッコ悪いのだ。だからコンパクトデジカメの一部には、ファインダー搭載機もある!と言っても過言じゃない! いや、ゴメン、言い過ぎだ……。
 とはいえ液晶を見ながら撮影しているマニアは、その無様な格好を晒していることを悔い改めて、ファインダー搭載機であれば、そちらを覗くようにしよう。もしファインダーがなければ、デジタル一眼レフへの乗り換えは必須である!
 しかし、コンパクトデジカメは更なる問題を潜めている! それはっ!

 レンズがそそり勃ってネー!

 という大問題。中には、ボディからレンズが“にゅぅ~”っと生えて来るのもあるが、細く小さく……。
 カメラたるもの、ボディから黒光りする太いモノがそそり勃っていなけりゃ、男じゃない!(意味不明) 女子高生が友達同士でチェキしているのとワケが違う! 我々マニアは、レイヤーさんから滲み出る萌えを撮影しなければならないのだ!
 要するに、

 レイヤーさんを撮るならデジタル一眼を買え!

 本日の結論だ。
 いいや、極論すれば、

コンパクトデジカメ→モテないボウヤ
デジタル一眼レフ→モテモテのジェントルマン


 である! モテたいならデジタル一眼! デジタル一眼を持てば酒池肉林のモテモテなのだ。
 その証拠が次の写真。カメラを変えるだけで、ヘタレマニアがご覧の通り! 英国のジェントリーに早変わりである(当社比)。

カメラ小僧も一歩譲るダンディなマニア レイヤーさんもウットリ
しっかりカメラをホールドしてダンディーに撮影。心なしか服装も決まっているに見える。あくまでも「心なしか」だが

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社