このページの本文へ

ウィジェットをデスクトップに常駐できる?

2008年06月24日 12時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】ウィジェットをデスクトップに常駐できる?

  • a.できない
  • b.ターミナルを利用する
  • c.オンラインウェアを使う

【答】

 Dashboardのウィジェットは、Dashboardの表示中しか利用できないと思われがちだが、隠し機能を有効にすることでウィジェットをデスクトップに表示させたままにできる。

 隠し機能を有効にするにはまず、「ターミナル」を起動してコマンドを実行する。コマンド実行後は忘れずにDockを再起動しよう。これは、隠し機能を無効にする際も同様だ。

OSXQuiz
「ターミナル」を使って図のコマンドを実行後、Dockを再起動する。隠し機能を無効にするには、コマンドの末尾を「YES」から「NO」に変更すればいい

コマンド
defaultsspace keywritespace keycom.apple.Dashboardspace keydevmodespace key-booleanspace keyYESreturn key

 コマンドを実行したらDashboardを表示し、デスクトップに常駐させたいウィジェットの上にマウスカーソルを合わせ、マウスのボタンを押し続ける。そのまま「F12」キーを押してDashboardの表示を終了すると、マウスカーソルを合わせたウィジェットがデスクトップに残る。デスクトップに残ったウィジェットは、Dashboard内での操作と同様に、設定を変更したり、非表示にしたりできる。また削除も同様に、「option」キーを押しながらウィジェットにカーソルを重ね「×」ボタンを表示して可能となる。

OSXQuiz
Dashboardを表示して、目的のウィジェットの上でマウスボタンを押したまま、Dashboardを終了すると、ウィジェットがデスクトップに残る。Dashboardに戻すのも同じで、マウスボタンを押しながらDashboardを表示すればOK

 ということで、正解はbだ。


(MacPeople 2008年6月号より転載)


カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中