このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

リポート:ヨドバシAkibaでわかったMacが売れる理由

前年比200%!「Macはまだまだ売れる」

2008年05月03日 20時53分更新

文● MacPeople編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は既報の通り、第2四半期の国内におけるMacの出荷台数および売り上げをともに前年比49%増と大きく伸ばした(参考記事)。ワールドワイドでは、出荷台数51%増、売上高54%増とさらに高い数値だ。

今、Macの市場はどのような動きを見せているのか。その実態をつかむべく、東京・秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaのMacコーナーに取材した。

ヨドバシカメラAkiba Macコーナー
早い人ではゴールデンウィークも開始となる4月26日のヨドバシカメラ マルチメディアAkiba Macコーナーの様子。家族連れ、恋人同士などで非常に混雑している

100%以上の伸びで売れているMac

高橋氏
「Macはまだまだ伸びます」と自信を持ってコメントする高橋氏

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba Macコーナーマネージャーの高橋克仁氏によれば、実際Macの販売台数は前年比で100%以上の増加だというから驚きだ。Windows機も含めたパソコン全体の販売台数で見れば減少傾向にあるにも関わらず「Macはまだまだ伸びます」と自信を持ってコメントする。

販売店の目から見た「Macはまだまだ伸びます」というコメントは、いったいどういった裏付けによるものなのか。話を詳しく聞くと、その根拠はWindows機からの乗り換えが相次いでいる点にあるようだ。高橋氏のコメントをまとめて紹介しよう。

デザインよし、プライスよし、Windowsだって動いちゃう

 LeopardにBoot Campの正式版が搭載され、「MacでWindowsが動く」ということが話題になって、これまでMacのコーナーに立ち寄ることのなかったWindowsを使うお客様が足を向けてくださるようになりました。そのうち、Windowsも動くのであれば「デザインがよくプライスパフォーマンスも高い、Macを買おう」という方が増えてきたのです。


 MacBookの一番下のモデルと同価格帯のWindows機を比べると、性能は明らかにMacBookのほうが上です。デザインよし、プライスパフォーマンスよし、そしてWindowsも動く──近年のMacの伸びは、そういった点をお客様が理解し始めているからなんです。それもまだ始まったばかり。Macはこれからもまだまだ伸びていくでしょう。



(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中