このページの本文へ

アップル、最大3.06GHzの新CPUを搭載可能なiMacシリーズを発売

iMacが性能アップ+低価格! 円高差益還元中!?

2008年04月28日 23時07分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は28日、45nm製造プロセスのIntel Core 2 Duo「Penryn」シリーズを採用した「iMac」シリーズを発売した。20インチ1モデル、24インチモデル2モデルのほか、BTOにより24インチ/3.06GHzモデルも選択可能だ。なお、製品のデザインに変更はない。

新ラインアップの主な特徴はCPUの変更に伴って、フロントサイドバス(FSB)のクロック周波数が1066MHzに向上。メインメモリーの規格が従来の「PC2-5300」から最大6.4GB/秒の転送速度を備えた「PC2-6400」へと切り替わっている。また、20インチのエントリーモデルが2万円値下がりし、より求めやすい価格になった。

iMac 外観に変更はない新型iMac。とはいえ、CPUをはじめとした内部パーツのパフォーマンスが大幅に向上している

主な仕様は次表の通りだ。

新iMacの主なスペック 旧モデル
iMac 20" 2.4GHz (MB323J/A) iMac 20" 2.66GHz (MB324J/A) iMac 24" 2.8GHz (MB325J/A) iMac 20" 2.4GHz (MA877J/A)
価格 13万9800円 16万9800円 19万9800円 同左
CPU Core 2 Duo 2.4GHz Core 2 Duo 2.66GHz Core 2 Duo 2.8GHz Core 2 Duo 2.4GHz
2次キャッシュ 6MB 4MB
システムバス 1066MHz 800MHz
メモリー(最大) PC2-6400 1GB (4GB) PC2-6400 2GB (4GB) PC2-5300 1GB (4GB)
HDD 250GB (7200回転/分、シリアルATA) 320GB (7200回転/分、シリアルATA) 同左
光学式ドライブ SuperDrive(DVD±R DL、DVD±R/RW、CD-R/RW) 同左
液晶モニター 20インチ/1680×1050ドット 24インチ/1920×1200ドット 20インチ/1680×1050ドット
グラフィック(ビデオメモリー) ATI Radeon HD 2400 XT (128MB) ATI Radeon HD 2600 PRO (256MB) 同左
通信機能 AirMac Extreme(IEEE 802.11b/g/n準拠)、1000BASE-T Ethernet、Bluetooth 2.1+EDR AirMac Extreme(IEEE 802.11b/g/n準拠)、1000BASE-T Ethernet、Bluetooth 2.0+EDR
主なインターフェース FireWire 400×1、FireWire 800×1、USB 2.0×3、ヘッドホン/光デジタル出力、アナログ/光デジタル入力、Mini-DVI出力 同左
本体サイズ 幅48.5×奥行き18.9×高さ46.9mm 幅59.6×奥行き20.7×高さ52.0mm 幅48.5×奥行き18.9×高さ46.9mm
本体重量 9.1kg 11.5kg 9.1kg

24インチ/2.8GHzモデル(MB325J/A)のBTOオプションでは、クロック周波数3.06GHzのIntel Core 2 Extreme(X9100)や、米エヌビディア社のグラフィックチップ「NVIDIA GeForce 8800GS 512MB」も選択可能。オプション価格は、それぞれ2万2329円と1万6800円だ。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中