このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ミニ四駆大会に編集部が参戦! 強力な助っ人を投入しガチで優勝狙い! 

2008年03月21日 23時51分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イベントスペース「AKIBAスペース6.0」で、タミヤ主催の「ミニ四駆新製品発表&プレスカップ」が開催された。新製品発表会を取材すると同時に、ミニ四駆初挑戦の筆者がプレス対抗試合に出場してみたぞ。

「ミニ四駆新製品発表&プレスカップ」「ミニ四駆新製品発表&プレスカップ」

ミニ四駆新製品発表会

 イベントで発表されたのはミニ四駆PROの「ホットショットJr.」と「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」、「MSシャーシ Evo.1(仮称)」の3製品。まずはその3製品を紹介しよう。

ホットショットJr. ホットショットJr.
「ホットショットJr.」は、1986年に発売されたレーサーミニ四駆シリーズの第1弾として発売されたモデルだが、今回その「ホットショットJr.」をミニ四駆PROシリーズとしてリニューアル。MSシャーシを採用。タイヤはシリーズ初のスパイクタイヤとなっている。5月発売予定で予価は945円
ダッシュ1号・皇帝(エンペラー) ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)
コロコロコミックに連載された漫画「ダッシュ!四駆郎」の主人公・四駆郎のマシンとして活躍した「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」がミニ四駆PROで蘇る。7月発売予定で予価は945円
MSシャーシ Evo.1(仮称) MSシャーシ Evo.1(仮称)
歴代ミニ四駆シリーズ最高の走行性能を誇るMSシャーシ。そのポテンシャルをさらに高めたシャーシキット「MSシャーシ Evo.1(仮称)」。FRPプレートによる合成アップに加え、大会選手のマシンにみられる改造テクをフィードバックさせたミニ四駆の最新進化形態だ。今夏発売予定で、現在鋭意制作中とのことだ

速さだけが勝負じゃない!

 新製品発表会の興奮冷めやらぬまま、今度は報道関係者対抗の「プレスカップ」に出場するマシンが一堂に並べられた。そう、カラーリングや見た目の面白さを評価するドレスアップコンクールの開催だ。ミニ四駆は速さだけじゃない、ドレスアップを楽しめるのも魅力のひとつなのだ。

「プレスカップ」出場マシン
ズラリと並ぶ「プレスカップ」出場マシン
アキバ経済新聞 ハヤブサマガジン
タミヤ賞に輝いたアキバ経済新聞のマシン。いかにも女性らしい仕上がりだMCガッツ賞に輝いたハヤブサマガジンのマシン。見た目通り俊足なのかが気になるところ
ケロケロエース グレートメカニックDX
ケロケロエースのボディはケロロ軍曹だった!わかりやすい!グレートメカニックDXの空母型ミニ四駆。さすがにレースには出場しなかった。走るところを見てみたかった、残念
富士見書房 アスキー
富士見書房は痛車仕様。アキバっぽくてイイ!実にイイ!我らがアスキーのマシン。レースに焦点を絞ったスペック重視のセッティングのため、見た目はいたって普通

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社