このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

次世代ゲーム機が考えるオンラインプラットフォームとは?

2008年03月15日 08時00分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
OGC2008

 有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会が主催する、オンラインゲームやウェブサービスに関する、技術者やサービスプロバイダー向けの講演会「オンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス 2008」(以下、OGC2008)が14日に東京・神田のベルサール神田で開催された。

 ベルサール神田内での各会場では、パソコンや家庭用ゲーム機向けのオンラインゲームなどのほか、ニコニコ動画などのウェブサービスについての講演が行なわれているが、ここでは「プレイステーション3」や「Xbox 360」といったいわゆる次世代機と呼ばれるゲーム機がそれぞれ目指す「オンラインプラットフォーム」について紹介する。


「ようやく具体的な内容までお話できるようになってきた」


 プレイステーション3向けのオンラインプラットフォームとしては、2007年3月に米・サンフランシスコで開催されたゲーム開発者向けの国際会議「GDC2007」(Game Developers Conference 2007)にて発表された「PLAYSTATION Home」(以下、Home)の実機デモ、およびHome内に設置されるコンテンツについての説明が行なわれた。

 Homeは、PS3の性能を活かして3Dの仮想世界を作り、従来は点と点の関係だった各個人およびゲームを、線で繋ぎ合わせるのが目的のオンラインプラットフォームだ。東京ゲームショウ2007において(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント 社長の平井氏が語ったように「PS3はゲーム機」であり、ゲームユーザーに向けた新しい世界を構築するのが一番の目標であるという。

Home Home
PLAYSTATION Homeは、PS3とPS Networkによって作られる仮想世界

 GDC2007での発表から、東京ゲームショウ2007での平井氏の講演においても、これといった具体的なサービスの全容が紹介されていなかったHomeだが、いよいよ今回実機によるデモ映像が公開された。

赤川氏
プロジェクト シニアプロデューサーの赤川良二氏

 「メーカーさんに対して、ようやく具体的にお話できる状況になってきた」、そう語るのはHomeプロジェクト シニアプロデューサーの赤川良二氏。赤川氏は、Homeの開発自体がSCEヨーロッパ主導で動いていることを明かしながら、欧米と、アジア・日本では求められる要素はだいぶ異なるとして、日本側から要望を出しているという。その結果、キャラクターのモデリングに対しては「割と日本人に近くできるようになった」と述べた。また、発表当時は、Homeの世界観としてアメリカの西海岸をイメージしていたが、日本向けHomeでは、六本木のミッドタウンをイメージしているという。

3Dアバターアバターの顔はカスタマイズでき、その範囲はかなり広い

 また、Homeの世界は、「ホームスクエア」と呼ばれるスペースを中心として、自分の家を表わす「マイホームスペース」、ボウリングなどのミニゲームが遊べる「ゲームスペース」など、いくつかのスペースにて構成される。そのほかに、ゲームメーカーや非ゲーム系のコンテンツメーカーなどが独自のコンテンツを用意できる「ラウンジ」といったスペースを用意する。

ホームスクエア ゲームスペース
ホームスクエアを中心に、ゲームスペースやマイホームスペース、イベントエリア(仮)を備える

 今回は実機デモとして、あらかじめ用意されたテンプレートから、赤川氏に近いキャラを作るまでの工程、さらに友人たちと合流するまでのデモが行なわれた。

テンプレート 顔 体型
まずはテンプレートを選んで顔の各部分をカスタマイズしていく。デモでは左の画像から5分程度でここまで作り上げていた身長や体型といった部分もカスタマイズできる
実機デモ今回は映像デモではなく、実機デモとして行なわれた

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART