このページの本文へ

WAM Photo実写速報 ― 第34回

ペンタックス「K20D」

2008年02月05日 00時00分更新

文● カメラマン 岡田清孝

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラス最高の高解像度に
こだわりの画像仕上設定


K20Dの正面 背面
ペンタックス「K20D」。本体正面背面

 ペンタックス(株)の「K20D」はミドルレンジクラスでは最高の有効1460万画素CMOSセンサーを採用。CCDシフト方式手ブレ補正に撮像素子を振動させゴミの写り込みを防止する「ダストリムーバル」は前モデルを踏襲。さらにカスタム設定でISO6400の高感度撮影が可能。ライブビューダイナミックレンジ拡大などの機能も追加された。6種類の画像仕上げが設定でき、JPEGでも撮影直後ならホワイトバランスや画像仕上設定の変更が可能。絵作りにこだわりのある人向けの一台。



撮影サンプル


撮影サンプル
撮影時状況 ●焦点距離 35mm相当 ●プログラムオート(絞りF4・シャッタースピード1/1000秒) ●ホワイトバランス オート ●ISO 80 ●JPEG最高画質(β版で撮影したもの)

2月5日掲載の「K20D」の実写速報の解像度チャートは、β版のボディーとレンズで撮影したため、画質比較は不適切と考え、該当画像を削除いたします。製品版を入手ししだい、再掲載させていただく予定です。謹んでお詫び申し上げます。(2008年2月5日)



感度露出検証


露出+0.3 露出+0.7 露出+1
露出+0.3露出+0.7露出+1
感度露出標準
感度露出標準
露出-0.3 露出-0.7 露出-1
露出-0.3露出-0.7露出-1


ホワイトバランス検証


WBオート WBカスタム
WBオートWBカスタム


ISO感度検証


ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600 ISO 3200 ISO 6400(拡張機能)
ISO 1600ISO 3200ISO 6400(拡張機能)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART