このページの本文へ

スカイコムとマイクロソフト、ECMソリューションの提供で協業

2007年12月14日 23時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スカイコムとマイクロソフトは、ECM(エンタープライズコンテンツ管理)ソリューションの提供に関して協業することを発表した。この協業の一環として、スカイコムの高速PDF作成ソフト「SkyPDF」とマイクロソフトの「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を組み合わせた「SkyPDF for SharePoint Server 2007」の販売を開始する。


SharePoint Server環境下でPDFが取り扱えるソリューション


 「SkyPDF」は、各種帳票やMicrosoft Officeの文書を高速でPDFに変換するサーバソフト。電子署名やタイムスタンプの付与、文書の存在証明、改ざん検出ができる。「Microsoft Office SharePoint Server 2007」は、コラボレーションやECMを統合したEIP(企業情報ポータル)構築ツール。

 この2製品を組み合わせた「SkyPDF for SharePoint Server 2007」は、SharePoint Server環境下で、高速・高品質・高圧縮なPDF作成ができるソリューション。IRM権限の自動付与の機能を持ち、SharePoint Server未対応ファイル(Visio、一太郎、DocuWorksなど)もPDF化することでIRM権限の自動付与が可能となる。これにより、IRM権限付与可能なコンテンツが大幅に増え、セキュリティ対策が飛躍的に向上、一元化したセキュアなドキュメント管理を実現できる。

 SkyPDF for SharePoint Server 2007は、サーバ上でPDFを高速作成する「SkyPDF Web Server 2.0」、IRM権限が付与されたPDFを閲覧するクライアント用表示ソフト「SkyPDF Viewer 1.7」を同梱した「SkyPDF for SharePoint Serverパック」として販売する。価格は987万円/1000クライアントから。3年間で20億円の販売を目指す。

カテゴリートップへ

ピックアップ