このページの本文へ

日本HPがシンクライアント市場の強化 Vista対応のブレードPCも発表

2007年06月14日 18時50分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、6月14日、WindowsVista対応のブレードPC「HP bc2000 Blade PC」を発表した。同時に、シンクライアント向けの画像圧縮ソフト「HP Remote Graphics ソフトウェア」や、リモート環境向け管理ソフト「HP Session Allocation Manager」の強化も発表した。


市場の拡大に合わせ、シンクライアント事業を強化


「公共施設やネットカフェ、金融機関などでシンクライアントが採用され市場が広がっている。ベンダーとして、シンクライアントをより簡単・便利に使ってもらうための環境を提供していきたい」

 日本ヒューレット・パッカード パーソナルシステムズ事業統括 執行役員 マーケティング統括本部 統括本部長の松本光吉氏は会見の冒頭でこのように語った。従来、TCOの削減やセキュリティ向上を目的に、主に企業に導入を推進してきたシンクライアントだが、上記のようなさまざまな分野に導入が広がっているという。これまで同社では提唱していたシンクライアントシステム「HP CCI(Consolidated Client Infrastructure)」を、「RCS(Remote Client Solution)」と再定義し、利用領域の拡大やユーザーの利便性の向上を計っていくとした。

日本ヒューレット・パッカード パーソナルシステムズ事業統括 執行役員 マーケティング統括本部 統括本部長の松本光吉氏
日本ヒューレット・パッカード パーソナルシステムズ事業統括 執行役員 マーケティング統括本部 統括本部長の松本光吉氏

 本日発表された「HP bc2000 Blade PC」は、CPUにAthlon64 2100+を採用し、標準でメモリを1GB、80GBのHDDを搭載。Windows Vista Businessを標準搭載している(Windows XP Professional用ドライバも提供される)。価格は14万700円で10枚パックで136万5000円となっている。

HP bc2000 Blade PC
HP bc2000 Blade PC(画像クリックで拡大)

 また、8月にはデュアルコアCPUを搭載した「HP bc2500 Blade PC」の投入を予告。さらに、セッションの動的な割り当てや接続管理を行なう管理ソフト「HP PC SAM(Session Allocation Manager)」や従来のリモート環境ではCADなどの負荷の高いグラフィックスソリューションをブレード上で実現するための画像圧縮転送ソフト「HP Remote Graphics ソフトウェア」の新版も投入するという。

カテゴリートップへ

ピックアップ