このページの本文へ

カノープス、フルHDの映像をリアルタイムエンコードできるキャプチャーカード『HDRECS』を発売

2007年05月23日 18時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カノープス(株)は23日、フルHD(1920×1080ドット)の映像をリアルタイムエンコードできる“Canopus HQ”形式対応のキャプチャーカード『HDRECS』を7月下旬に発売すると発表した。価格は9万5000円(税別)。

HDRECS キャプチャーイメージ
HDRECSキャプチャーイメージ

Canopus HQ形式は、オリジナルの周波数特性をほぼ完全に維持したままキャプチャーが行なえる映像コーデック。画像に応じて圧縮率を変更できる“可変ビットレート”に対応し、放送業界でも採用されているという。データが大きくなりすぎるのを防ぐために、“限界ビットレート”の設定も行なえる。

HDRECSは、ハードウェアHQエンコーダーを搭載し、入力された映像の変換処理をハードウェアで行なえ、CPUに負荷をかけずにフルフレームでキャプチャーが行なえるのが特徴。解像度は最大1920×1080ドット。HDMI、DVI、コンポーネント、コンポジットビデオなどの入力端子に対応している(HDCPには非対応)。

消費電力は7.5W。サイズは幅153×高さ111.2mm。対応機種はPentium 4-2.8GHz以上、メモリー1GB以上を搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows Vista/XP/XP Professional SP2。アプリケーションとして、Blu-rayオーサリングソフトやビデオ編集ソフト『EDIUS Pro version 4/30日体験版』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン