このページの本文へ

アスキービジネスセミナー講師の浅枝大志氏に聞く「セカンドライフ内の新しいビジネスの方向性が定まりつつある」

2007年05月18日 19時06分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニュース番組で取り上げられる機会が増え、徐々に一般の認知度を高めつつある「セカンドライフ」。『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」ネットビジネスの新大陸』の著者、浅枝大志氏(メルティングドッツ代表取締役)によるビジネスセミナーが6月1日に「ベルサール三田」で開催される。「仮想社会の企業論」と題された今回のセミナーのポイントを、浅枝氏に聞いた。


急速に日本人ユーザーが増えている現実


 私どもメルティングドッツは主に「セカンドライフ」におけるビジネスのプロジェクトデザインやコンテンツ制作、コンサルティングなどを手がけています。セカンドライフのメディアの露出も増え、知名度が上がってくるにつれ、弊社にお問い合わせをいただく件数が増えてきました。

メルティングドッツ浅枝大志氏
メルティングドッツ浅枝大志氏

 問い合わせとして最も多いのが、「いつごろ日本版がスタートするのですか?」といった質問ですね。といっても、これはリンデンラボ社じゃないと分からないことですので、むしろ私どもも知りたいところです(笑)。

 とはいえ本家のリンデンラボ社が動かないので、メルティングドッツでは独自に日本人向けの無料サービスを始めました。通常、リンデンラボ社のウェブサイトからセカンドライフのユーザー登録を英語で行なう必要があるのですが、弊社のウェブサイトから日本語で簡単に登録できて、セカンドライフの基本的な操作方法がわかる「日本語SIM」というサービスです。(編集部注:SIMとはセカンドライフ内における土地の単位)

 普通にセカンドライフをスタートした人が「どうすればいいのか分からない」と挫折するケースが多いのですが、興味を持たれた方はまずこのサービスを使ってセカンドライフを始めていただければと思います。

 3月28日からスタートさせたのですが、現在でもメルティングドッツの「日本語SIM」のページから、毎日1000名以上のユーザーがセカンドライフに登録しています。特にメディアで取り上げられた日には何倍にも増えますね。

 現時点ではセカンドライフ内における日本人ユーザーは20万人くらいとも言われていますが、正規のリンデンラボ社のセカンドライフのページから登録する人を含めると、日本人ユーザーも相当な勢いで増えています。


セミナーでは最新の成功事例を公開


 セカンドライフにはまだまだ懐疑的な人も多いですし、ビジネスとして利益を出している企業はまだ少ないですね。少しでもセカンドライフに触れた方ならお分かりかもしれませんが、企業が広告やイベントを開催するため「島」を購入しても、建物に企業名の看板を建てておしまい、というケースが多いんです。

 しかし、最近ではセカンドライフ先進国の米国の方向性が変わってきました。簡単に言ってしまえば、今までのように「セカンドライフは3Dゲームの一種」と考える人がほとんどいなくなってきているように思います。

浅枝氏にそっくりのアバター
浅枝氏にそっくりのアバター

 つまり、「イベントなどの更新頻度を高めることで、ユーザーが繰り返し訪問し、長時間滞在するコンテンツ」が急速に増え、セカンドライフの世界でのビジネスがうまく実を結びつつある事例が登場してきているのです。

 今回のセミナーでは「NBA(全米プロバスケットボール)」の島など、セカンドライフユーザーに熱狂的に支持されている優れたビジネスコンテンツを詳しく紹介していきたいと考えています。


新しい仲間に集まっていただきたい


 私は5年後には3Dインターネットの時代が当たり前のようにやってくると信じて、昨年メルティングドッツを創業いたしました。「90年代半ばのインターネットの黎明期」と現在のセカンドライフは非常によく似た状況で、大きな可能性を感じたからです。

 今回のセミナーには企業のマーケティング担当者やセカンドライフ内で起業をしたい方など、一緒にバーチャルビジネスの萌芽を育てていくという気持ちを持った方に集まっていただきたいと思います。

 今回のセミナーに集まった人たちが、先駆者として日本におけるバーチャルワールドのビジネスモデルをつくっていくことになるといいですね。

【プロフィール】

浅枝大志 (あさえだ ひろし)

1983年生まれ。青山学院大学経営学部卒。デジタルハリウッド大学院デジタルコンテンツマネジメント修士課程修了。株式会社メルティングドッツ代表取締役。同社は「セカンドライフ」をはじめとしたバーチャルワールドのサービス企画開発企業。3Dインターネット時代の到来を見据え、企業のバーチャル空間コンサルティングを手がける。

【イベント告知】

 アスキーでは浅枝大志氏をお招きして6月1日に行なうアスキービジネスセミナーの他に、5月25日(金)に新宿歌舞伎町「ロフトプラスワン」でセカンドライフのトークライブ「「セカンドライフ」ってそもそもナンなのよ? 」を開催いたします。

 セカンドライフに詳しいメルティングドッツのプロデューサーを務める荒木康介氏やビデオジャーナリストの神田敏晶氏、モバイルコンテンツプロデューサーの高橋ぴょん太氏などのゲストと共に、魅惑のセカンドライフの世界について語り尽くすこの企画。「セカンドライフってよく分からない」という人から、「メディアに出てこないディープなスポットを知りたい」という方まで、ぜひともご参加ください。

カテゴリートップへ

ピックアップ