このページの本文へ

トレンドマイクロ、シスコのUTMアプライアンスを中堅・中小企業向けに販売

2007年03月26日 18時06分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トレンドマイクロは、シスコシステムズのUTMアプライアンス「Cisco ASA5510 Anti-X Edition」の同社オリジナルパッケージを販売すると発表した。中堅・中小企業向けのオプションと保守サービスを組み合わせて提供するもので、4月23日から販売する。


中堅・中小企業向のオプションを組み合わせてパッケージ化


 トレンドマイクロが販売するのは、シスコシステムズのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「Cisco ASA5510 Anti-X Edition」。トレンドマイクロは、Cisco ASA5500シリーズのオプションの中から、中堅・中小企業向けのハードウェア、ソフトウェア、保守サービスを組み合わせ、「トレンドマイクロオリジナルパッケージ」として販売する。同パッケージに含まれる機能は、VPN、ファイアウォール、ウイルス対策(メール/Web)、およびメール/URLフィルタリング、IPレピュテーションによるスパムメール対策などのコンテンツセキュリティ機能。

 また、同パッケージの保守については、ユーザーからの問い合わせをハードウェア、ソフトウェアともにトレンドマイクロが一元的に受け付け、包括的なソリューションとして提供する。

 シスコとトレンドマイクロは、2004年6月に発表した合意に基づき、製品開発・販売において提携を進めており、Cisco ASA5500シリーズのオプションにトレンドマイクロのアンチマルウェア技術を採用した「CSC-SSM」を提供するなどの実績がある。今回の発表について両社では「シスコとトレンドマイクロの戦略的パートナーシップの継続を表するもの」としている。

カテゴリートップへ

ピックアップ