このページの本文へ

どこでもハントを楽しめる「モンスターハンターポータブル」がパワーアップ!

2007年02月23日 21時58分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カプコンが発売するハンティングアクションゲーム“モンスターハンター”はプレイステーション2やPSPでシリーズを展開しているが、今回発売になった「モンスターハンターポータブル 2nd」は、その名の通りPSP用ソフトの第2弾に当たる。PSPというポータブルハードを利用することでいつでもどこでも楽しめるほか、アドホックモードを利用して最大4人まで同時にクエストをこなせるのが特徴だ。

パッケージ パッケージの主役は、モンスター。迫力あるモンスターとの戦いが伝わるイラストだ。また裏面をみるとアイルーも目立っている

 発売になったのはソフト単体の通常版と、シャンパンゴールドカラーのPSP本体やドレスアップステッカー、着せ替え生肉クリーナー、ギルドポーチ、ソフト本体がセットになった「モンスターハンターポータブル 2nd ハンターズパック」の2種類。店頭での販売価格は、通常版が4600円程度、ハンターズパックが2万7500円程度となっていた。

店頭 ハンターズパック
普段はPSPサイズの画面でしか見ない画像もプロモーションビデオだと、大きな画面で見られるのが楽しい。ソフマップ秋葉原本店のポップに書いてあるとおり、新生活をはじめる前に今の仲間と狩猟生活を楽しもう「ハンターズパック」を大きく宣伝していたアソビットゲームシティ。パッケージ内容は写真でチェックだ

 今回、発売の22日は秋葉原地区で発売記念として『「モンスターハンターポータブル 2nd」狩猟解禁抽選会』が実施された。これは午前10時から午後8時まで、JR秋葉原駅電気街口近くの「7day’s アキハバラ」に特設会場を用意。イベントに参加した11店舗の各店舗で「モンスターハンターポータブル 2nd」を購入し、レシートとソフトを持って会場を訪れると、抽選を行なえるというものだ。商品はモンスターハンターグッズが中心だったが、特賞には5万円分の旅行券も用意されていた。また抽選会場では、看板娘の“パティ”とネコの“アイルー”のコスプレをしたスタッフがおり、携帯電話などで記念撮影をする姿も見られた。

 また22日は人気タイトルが複数ならんだが、開店時間を1時間早めたソフマップ秋葉原本店では、開店と同時に「モンスターハンターポータブル 2nd」を求める人が多かったそうだ。スタッフによると「同時プレイという要素があるので、みんなと同じ時期に手に入れておきたいと思う人も多かったのではないか」という話だ。

抽選会ポスター コスプレ
参加店に貼られていた『「モンスターハンターポータブル 2nd」狩猟解禁抽選会』のポスター。ちょうど、買い物をして帰りがけによれる場所なので足を運びやすかった看板娘のパティに挟まれて、ちょっと照れているアイルー。ゲーム内ではプレイヤーに雇われて料理をつくったりと活躍する種族だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ