このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第290回

ビジネスに使えるWindows 10の最新機能7選

2019年01月19日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リリース時とはだいぶ変わったWindows 10

 2015年7月に鳴り物入りでリリースされた「Windows 10」だが、それ以降は地道なアップグレードが繰り返されており、積極的に話題を追いかけていないという人も多いのではないだろうか。もちろん、今でもバージョンは10のままなのだが、中身はリリース当時と比べて大きく進化している。

 そこで今回は、ビジネスパーソンに活用して欲しい、Windows 10の最新機能を7つ紹介しよう。

いつの間にかWindows 10はいろいろと便利になっている。最新バージョンは「1809」だ

【ビジネスに使えるWindows 10のテク その1】
WordやPowerPoint文書が見違えるビジネスフォント

 Windows 10は日本語フォントの選択肢が少なかったのだが、Fall Creators Updateで「UDデジタル教科書体」、October 2018 Updateで「BIZ UDフォント」が採用された。両方ともフォント製品を手がける老舗であるモリサワが提供している。

 「UDデジタル教科書体」は、画数や筆順などを学習指導要領に準拠して正確に表現しているのが特徴。「BIZ UDフォント」はゴシックと明朝の両方を採用し、Office製品で使いやすい仕様になっている。どちらも、ユニバーサルデザインに対応しており、デジタル端末でも紙に印刷しても見やすいのがウリ。

 使うのも簡単。たとえば、味気ないゴシックのWord文書でも、全選択してフォントメニューから、「BIZ UDフォント」を選ぶだけで瞬時に見た目がよくなる。きれいなフォントだと文章入力作業も捗ること間違いなしだし、プレゼンでも好印象だろう。筆者も原稿を書く際、テキストエディターの設定はBIZ UDゴシックフォントにしている。

「設定」の「個人用設定」→「フォント」でフォント名を入力すればサンプルを確認できる
Word文書で文字列を選択して、左上のフォントメニューを開く
新フォントにフォーカスを当てるだけで見た目が変わる。ぐっと読みやすくなっているのは一目瞭然!

【ビジネスに使えるWindows 10のテク その2】
SMSの送受信が可能になった! ただしAndroidに限る

 Windows 10はアップグレードするたびに、スマホとの連携を強化している。最新バージョンでは、「スマホ同期」アプリが搭載された。Androidスマホであれば、端末内の写真をプレビューしたり、SMSを送受信できる。SMSが届いても、スマホを探したりする必要もなく、大画面とPCのキーボードで返信できるのは便利だ。

 利用する際は、Windows 10からスマホへアプリのインストールURLを送信する。その際、Androidは「スマホ同期管理アプリ」のダウンロード画面が開くが、iPhoneは「Microsoft Edge」ブラウザの画面が開く。iPhoneのスマホ同期機能は絶賛開発中とのこと。

スマホに接続し、端末内の写真を表示できる
SMSをリアルタイムに送受信できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン