このページの本文へ

2019年から試験飛行や実証実験など実施、2020年代半ばに事業スタートを目指す

経産省、空飛ぶクルマの実現に向けたロードマップを発表

2018年12月26日 16時40分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 経済産業省は12月20日、国土交通省と合同で、日本における“空飛ぶクルマ”の実現に向けた「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合を開催し、ロードマップを取りまとめたと発表。

 ロードマップでは、事業者による利活用の目標として、2019年から試験飛行や実証実験などを実施。2020年代半ば、特に2023年を目標に事業をスタートさせ、2030年代から実用化をさらに拡大させていくこととしている。

 利活用の例として、「物の移動」「地方での人の移動」「都市での人の移動」を挙げており、ほかにも「災害対応」「救急」「娯楽」などに活用されることが想定されている。

 目標を達成するため、機体の安全性や技能証明の基準などの制度整備や、安全性・信頼性を確保し証明する技術や自動飛行・運航管理・電動推進に関する技術の開発について、今後の工程を示している。


カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ