このページの本文へ

「オーディオスペクトラムアナライザー」

80年代オーディオの定番「音にあわせて光るレベルメーター」を再現

2018年12月06日 15時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は12月5日、音にあわせてLED光が上下する「オーディオスペクトラムキット」を発売した。

 80年代のグラフィックイコライザーやミニコンポ、カーオーディオの定番であった音を可視化する表示デバイス(オーディオスペクトラムアナライザー/レベルメーター)を簡単に再現できるキット。

USB給電ケーブル、3.5mm音声分岐アダプタなどが付属 

 音質を補正する機能はなく、リズムにあわせてレベルメーターが上下するのを眺めるデバイス。PCやスマホの3.5mm音声出力端子と接続し、USB給電で動作する。光り方は6パターンが選択できるほか音の入力レベルやLEDの明るさも調節可能。価格は2806円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ