このページの本文へ

中小規模企業のセキュリティー対策推進に貢献

大塚商会のセキュリティーサービスでアカマイのソリューションが利用可能に

2018年11月28日 16時15分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アカマイ・テクノロジーズは11月27日、大塚商会のSaaS型セキュリティーサービス「ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス 2」に、標的型攻撃対策ソリューション「Enterprise Threat Protector(ETP)」をパッケージ化したと発表した。

ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス 2 製品ページから

 ETPは、DNSをベースとする脅威対策ソリューション。トラフィックをアカマイの再帰DNSプラットフォームを経由することで、悪意のあるドメインやサービスへのアクセスをブロックできる。マルウェアのダウンロードや感染済み端末からの情報流出といった脅威から組織を保護することが可能とする。

 ワンコイン・ビジネスセキュリティサービス 2はPCを一元管理できるSaaS型のセキュリティーサービスで、1クライアントにつき500円から導入可能。同サービスにETPを追加したことで、ユーザーはエンタープライズレベルのセキュリティー対策を手軽に利用できるようになるとのこと。

 アカマイ・テクノロジーズ 社長の徳永信二氏は、「本サービスを通して、日本経済の屋台骨とも言われる中小規模企業様のセキュリティー対策の推進に貢献できると確信しています」と述べている。

カテゴリートップへ

ピックアップ