このページの本文へ

ピッチが広く押しやすいキーボードも魅力、指紋認証センサーでセキュリティーも

外でも使うモバイルマシンなら、10万円台でカバンにスッポリ入るA4ノート

2018年10月12日 07時00分更新

文● 柴田尚 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Altair F-13KR」

 「Altair F-13KR」(関連記事)は、ドスパラが販売する13.3型モバイルノートパソコンだ。フルHDディスプレーを搭載しながら、10万4980円から購入できるというのもうれしい特長。今回は、Altair F-13KRを実際に使ってみた感想をお伝えしよう。

フットプリントはほぼA4サイズでコンパクト

 本体の幅はおよそ316mmで、奥行きはおよそ217mmと、ほぼA4サイズ。天板はフラットな構造。排熱口が底面にあるので空気の流れを確保するために数ミリの突起があるが、この程度はほぼ気にならない。むしろ、突起がゴム製なため滑り止めの効果があるので、どんな場所でもきっちりと位置をキープできる利便性のほうが高い。

A4という持ち運びしやすいサイズに加え、ディスプレーはノングレアで映り込みも気にならない

 ディスプレーはノングレアタイプ。光源が一定ではないときが多々あるモバイルパソコンでは、映り込みを軽減してくれるこの処理は非常に助かる。ベゼルも狭く、映像に対する没入感が高い。

右側が狭いがメイン部分はピッチが広く押しやすいキーボード

キーボードは使いやすいピッチを確保。タッチパッド左上には指紋センサーを備える

 キーボードはテンキーがないものの、そのぶんゆったりと使いやすい配置がなされている。キーピッチはメイン部分で約18mmを確保。さらに、深めのストロークと強めのクリック感が気持ちよい打鍵感を生み出している。

 注意点があるとすれば、電源スイッチがキーボード内の右上にある点。使い始めのうちはふとした弾みで押してしまい、設定にもよるがスリープ状態に入りびっくりするかもしれない。とはいえ、キーの右上はそうそう押すところではないし、ストレージがSSDなので復帰もすぐ。右側のエンターキー付近のキーが多少狭くなっているのも最初は気になるかもしれないが、すぐに慣れられるレベルだ。

 タッチパッドは、全面が押せるタイプ。押し込みはほぼ全体が左クリックで、右下の1/6くらいのエリアが右クリックとなっている。また、左上に指紋センサーを備えており、モバイル時に重要なセキュリティー面も考慮されている。

カバンにスッキリと収まる形状に加え軽さがうれしい

天板は美しいシルバーなうえにすっきり。試用機なので実際には試せなかったが、もしキズがついても目立たなそうで持ち運びも安心

 前述のとおり、天板・底面ともフラットな構造なので、A4サイズというのも相まって、筆者が打ち合わせに使う紙のノートとともにカバンにすっきりと収まってくれた。重量が約1.19kgなのも、持ち歩いていて苦にならず非常に助かる。

 今回試用したAltair F-13KRのスペックは以下のとおり。次回は、ベンチマークで性能についての実力を紹介する。

試用機の主なスペック
機種名 Altair F-13KR
CPU Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz/4コア/6MBキャッシュ)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス620(CPU内蔵)
メモリー 8GB DDR4
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
無線LAN Intel Wireless-AC 8265(IEEE802.11 ac/a/b/g/n)
接続端子 USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)、HDMI端子、microSDカードリーダー、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子
電源 リチウムイオンバッテリー
サイズ 316mm(幅)×217mm(奥行き)×15.9mm(高さ)
重量 約1.19kg(バッテリー含む)
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 10万7978円から

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ