このページの本文へ

本人確認・入退室管理・決済機能をオールインワンで搭載

レンタルスペースを無人運営で収益化できる受付アプリ「ワークスペイシー」

2018年10月05日 15時35分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スペイシーは10月3日、スペース運営に必要な本人確認・入退室管理・決済機能をオールインワンで搭載した受付アプリ「ワークスペイシー」を提供すると発表した。

 飲食店や学習塾、不動産の空室やデッドスペースなどといった既存の遊休スペースの入り口にAndroidタブレット端末を設置するだけで、誰でもレンタルスペースとしてスペースの運営が可能になる。

 人工知能による画像認証技術を搭載した「スペイシーパス」を応用することで、本人認証を自動化。24時間無人でも、安心してスペースを貸出しできる。

 利用方法は、同アプリをAndroidタブレット端末にダウンロードするだけ。専用端末の設置などの手間もかからず、またこれまで高額であることが多かった顔認証システムを無料で手軽に導入可能としている。

 対応端末は、Android 5以上、7インチ以上のタブレット。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ