このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PC版のモンハンワールドはコスパの良い3万円台のRadeon RX 580で快適!

2018年09月07日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グラフィックスカードを購入する際、誰しもがパフォーマンスのほかに、価格を重要視するのではないだろうか。とくに、2~3万円台で販売されているボリュームゾーンと呼ばれる価格帯の製品においては、価格に重きを置く傾向が高いように見受けられる。

 つまり、この価格帯では絶対的な性能よりも、コストパフォーマンスが優れているかどうかが、購入する際の重要なファクターになり得るというわけである。

 そういった状況において、注目したいのがAMDのミドルレンジ向けGPUである「Radeon RX 580」(以下、RX 580)および「Radeon RX 570」(以下、RX 570)である。

 これらのGPUを搭載した製品はリーズナブルなモデルが多いが、その中でもとくに安価なASUSの、RX 580を搭載した「ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING」とRX 570搭載モデルの「ROG-STRIX-RX570-O4G-GAMING」に今回は注目した。

Radeon RX 580を搭載する「ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING」Radeon RX 570を搭載する「ROG-STRIX-RX570-O4G-GAMING」

 前者は約3万2000円で購入できるショップもあるほか、後者は約2万7000円で販売され、どちらもコストパフォーマンスは良好だ。では、これらの安価なモデルで、ゲームはどの程度快適にプレイできるのだろうか。実際にテストを行ない検証してみよう。

Polaris 20を採用したRX 580とRX 570
最適化が進み動作クロックの引き上げを実現

 まずは、RX 580とRX 570がどのようなGPUなのかを、改めてまとめておきたい。RX 580は、「Graphics Core Next」(以下、GCN)アーキテクチャーに基づいた第2世代のPolarisとなる「Polaris 20」コアを採用したGPUである。

 RX 580では、64基のStream Processorで「Compute Unit」(以下、CU)を構成しているが、この点は第1世代Polarisから変わっていない。RX 580は、36基のCUを備えているため、Stream Processorの総数は36×64で2304基となる計算だ。

RX 580とRX 570は、第2世代のPolarisとなる「Polaris 20」コアを採用したGPU

 なお、Polaris 20でも第1世代と同じく9基のCUが集まりShader Engineを成し、4基のShader Engineを搭載している。また、RX 580は、第2世代となりGPUコアの最適化が進んだことで、ベースが1257MHz、ブーストが1340MHzと、第1世代から動作クロックの引き上げを実現した。

 グラフィックスメモリーはGDDR5に対応し、メモリー容量は8GB。インターフェースが256bitで、クロックが8000MHz相当なので、メモリーバス帯域幅は256GB/秒となる計算だ。

 続いてRX 570はモデルナンバーどおり、RX 580の下に位置付けられるGPUで、GPUコアには上位モデルと同じPolaris 20を採用する。ただし、RX 570では4基のCUが無効化され32基となっており、Stream Processorの総数は2048基となる。

RX 500シリーズは旧世代GPUを使っている人達の、アップグレードに最適な製品となる

 RX 570も第2世代Polarisらしく動作クロックは高めだが、ベースが1168MHz、ブーストが1244MHzと、どちらもRX 580から100MHz弱ほど抑えられている。さらに、メモリーはGDDR5を搭載し、メモリー容量は8GBと4GBの両モデルが登場しているが、当然のことながら、4GB搭載モデルのほうが安価だ。

 また、メモリーインターフェースは256bitとRX 580と同じだ。なお、メモリークロックは7000MHzと、GPUの動作クロックと同様にRX 580から抑えられているため、メモリーバス帯域幅は224GB/秒となり、これはRX 580の88%程度の規模だ。

 その一方で、RX 570はRX 580から消費電力の低減を実現し、補助電源コネクターは6ピンが1つで済むため、かなり扱いやすいGPUに仕上がっている。

 そんな、RX 580とRX 570の主なスペックを、それぞれの競合製品となる「GeForce GTX 1060 6GB」(以下、GTX 1060 6GB)と「GeForce GTX 1050 Ti」(以下、GTX 1050 Ti)とともにまとめたものが下表となる。

Radeon RX 580とRX 570の主なスペック
  Radeon RX 580 Radeon RX 570 GeForce GTX 1060 6GB GeForce GTX 1050 Ti
開発コードネーム Polaris 20 Polaris 20 GP106 GP107
製造プロセス 14nm FinFET 14nm FinFET 16nm FinFET 14nm FinFET
シェーダー
プロセッサー数
2304基 2048基 1280基 768基
演算ユニット数 36基 32基 10基 6基
テクスチャー
ユニット数
144基 128基 80基 48基
ベースクロック 1257MHz 1168MHz 1506MHz 1290MHz
ブーストクロック 1340MHz 1244MHz 1708MHz 1392MHz
メモリータイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリーインターフェース 256bit 256bit 192bit 128bit
メモリークーロック 8000MHz相当 7000MHz相当 8008MHz相当 7008MHz相当
メモリーバス帯域幅 256GB/s 224GB/s 192GB/s 112GB/s
メモリー容量 4GB/8GB 4GB/8GB 6GB 4GB
TDP 185W 150W 120W 75W
PCIe外部電源 8ピン×1 6ピン×1 6ピン×1

前へ 1 2 次へ